できる男の不動産探し、売却時のことを考えて購入する。

  • 2016/03/21
  • ライフスタイル
  • 118view
  • YAZIUP運営
タグ

不動産は売れてこそ価値がある、売れなければ意味が無い

不動産を購入する時点で売却のことを考える。なるほどと膝を打った人も多いのではないでしょうか。

不動産は売り手がいて、買い手がいます。その家やマンションを買いたいという人が多ければ多いほど、価格は上がることはあっても、下ることは無いでしょう。
築年数が古いのにいまだに値段が高い、間取りがあまりよくない、値段が高め、そんな不動産広告を目にすることがあります。一方で、まだ出来たばかりなのに、もうこんなに安くなっているという物もたくさんあります。

これはもう感じておられるでしょうが、多くの人が好むライフスタイルに合った家やマンションが良い物だということです。そして、そのような物こそが売りやすい、価格の下がりにくい不動産ということになります。

255690115

 

 

新築を狙うか、中古を選ぶか、できる男は数字で選ぶ

家やマンションを購入しようとする時、迷うのが新築か中古かということです。中古であれば新築より値段は当然安くなります。

さらに、価格の下落は築年数によって大きく変わってくるというデータがあるのはご存知でしょうか。マンションの場合、築年数が新しければ価格の下落幅が大きく、築年数が15年を超えると下落幅が小さくなります。

新築は入居したときは気持ちが良いのですが、売るときには安くなってしまいます。中古で一定の築年数を超えたものであれば、購入時とさほど変わらない値段で売却できるということもあるでしょう。

価格の下落幅の小さい物を購入して、ライフスタイルが変わったら、売却して次の家を探す。このように多くの人が気にしないデータを駆使することで、損をしない家選びができるようになります。

318295127

 

 

中古の不動産選びは、新築には無い安心感が決めてです

最近は新築ではなく、中古のマンションを選ぶ人が増えています。その一番の理由が耐震性能偽装です。

せっかく買ったマンションが悩みの種になることは避けたい、だから耐震性能を含め不具合が分りやすい中古のマンションを探すということがテレビでも報道されていました。この他にも管理体制が整っているか、修繕が計画通り行なわれているかなど、マンションの価値を下げないことがきちんと行われていることが分るのも中古のメリットです。

新築を買えば回りから驚かれますが、こういったことを踏まえて、ポリシーをもって選んだということを話せば、あなたの株が下ることは無いでしょう。将来のライフスタイルを考えて、無用な出費はしない、実績のある安全な家を選ぶ。

これもできる男の不動産選びと言えるのではないでしょうか。

307960844

 

不動産は高価な買い物です。ほとんどの方が購入時のことだけを考えて家を購入しますが、売却時のことも考えて購入するということはとても大切なことです。

転勤や家族構成の変化など、これからのことを考えて損の無い不動産選びをしたいものです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ