不動産の賃貸と購入、どっちを選ぶのが得なの?

  • 2016/03/07
  • ライフスタイル
  • 140view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 不動産
  • お金
  • ローン
  • 住まい
  • 家庭
  • 暮らし

賃貸は気楽に住み替えられるメリットがある

不動産を賃貸するメリットとして一番大きいのは、ライフスタイルに合わせて自由に住み替えることが可能である点です。独身の時、結婚して子供が生まれた時、子供が独立した後など、ライフスタイルは常に一定ではありません。

その為、家に必要な広さや立地条件もその時々で変わってきます。持ち家でなければ、収入や家族の人数に合わせて引っ越しもしやすいです。

賃貸のデメリットとしては、自分のものではないので、改修などを好きなように行えない点があります。もし改修を加えたとしても、引っ越す時には元の状態に戻さないといけない為、工事の手間と費用が2倍かかってしまいます。

また、いくら気に入って住んでも自分のものになる訳ではありません。

143358979

 

 

購入した場合は自分の資産になるのがメリット

購入した場合、最も大きいメリットは、家が最終的に自分の資産として残ることです。特に一戸建ての場合は、建物の不動産価値は下がったとしても、土地の不動産価値は残ります。

購入の場合、将来的に支払う住居費の目安が付けやすいので、子供の教育資金や老後の資金など、ライフスタイルに合わせて準備を整えやすいメリットもあります。繰り上げ返済を行えば、それだけ資金繰りにも余裕が生まれます。

デメリットとしては、引っ越しを気軽に行えない点があります。サラリーマンの場合、転勤の辞令が出た場合、持ち家をどうするかは頭の痛い問題になりますね。

また、賃貸は好立地の場所を選びやすいですが、購入の場合は資金調達の面から、やや不便なところを選ばざるを得ない場合が多いです。

364183634

 

 

賃貸と購入、それぞれのメリットデメリットを考慮した上で選ぼう

賃貸でも購入でも、同じ立地条件の場所に住んだ場合、一生涯にかかる住居費にそれ程大きな差はありません。ただ、購入の場合は自分の資産として残ります。

賃貸の場合は、初期費用は敷金、礼金、仲介手数料程度なので、数十万円を用意すれば良いですが、購入の場合は頭金として価格の1割~2割、諸費用が数百万かかります。賃貸の場合は、住居費はずっと同じくらいですが、老後の資金に住居費もプラスして用意しないといけません。

それに対し、購入はローンを完済してしまえば、住宅にかかる費用は少なくて済みます。賃貸は老後に多くのお金が必要、購入はローン完済までに多くのお金が必要と、お金が必要になるタイミングが違います。

どの時期に資金を準備出来るか、自分のライフスタイルによって検討するのがおすすめです。

269705399

 

 

賃貸も購入も、それぞれメリットデメリットがあります。ライフスタイルは人それぞれ違うので、どちらが良いと言い切れない部分があります。

ただし、どちらを選んでも、どこかのタイミングで多くの費用が必要です。ライフスタイルに合わせて無理の無い住居計画を立てましょう。

この記事につけられたタグ

  • 不動産
  • お金
  • ローン
  • 住まい
  • 家庭
  • 暮らし

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ