YAZIUP CLUB会員募集中

オヤジが中古住宅を素早く手放すには

  • 2017/10/09
  • ライフスタイル・娯楽
  • 40view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 住まい
  • 不動産
  • 住まい
  • 家族
  • 資産

負の遺産になりがちな実家

オヤジ世代になると亡くなった親の家を相続する機会に見舞われます。そのまま自分が住んでしまえば何も問題はありませんが、実際は既に自分の家を持っていたり、遠く離れたところに生活拠点があったりして使い道がありません。

ところが家は保有し続けると固定資産税がかかります。放置したままでは近所からクレームが来るため、定期的に草取りや清掃など家や敷地内を整備しなければいけません。そのための費用も発生します。また、空き家は常に誰か住んでいる家よりも早く劣化します。使わないなら早く手放した方が気楽でしょう。

負の遺産になりがちな実家

 

売却する?買い取ってもらう?

中古住宅を手放すには「誰かに売る」のと「不動産業者に買い取ってもらう」のと2つの方法があります。素早く手放したいのであれば、買取の方が有利です。売却するとなれば買い手を探さなければならず、すぐに見つかるとは限りません。買い手から見学を希望されるとそのための準備が必要です。

さらに売却できた後も売主には一定期間(個人は2~6ヶ月)の「瑕疵担保責任」が発生します。築年数によっては免責にもできますが、買い手が見つかりづらくなるでしょう。さらに不動産業者に買い手を探してもらうと仲介手数料を支払わなければいけません。

一方、不動産業者に買い取ってもらえば見学がなく、瑕疵担保責任も発生しません。仲介手数料も不要です。不動産業者が提示した価格にさえ同意すれば、すぐにでも現金化できます。その代わり買取価格は誰かに売った時より大幅に安くなります。なぜなら不動産業者は買い取った中古住宅を自社物件として売るため、利益を出すには仕入れ値を抑えなければいけないからです。時には4割ほど安く買い叩かれる場合もあります。

売却する?買い取ってもらう?

 

査定額の見極め方は?

できるだけ高く買い取って欲しい場合は複数の不動産業者に査定してもらうのが一番です。だからと言って必ずしも高い査定額を出した不動産業者が良いわけではありません。査定額だけ高く出しておいて、実際に取引すると値引きを提案される恐れがあるからです。

査定額を見極めるには、あらかじめ相場を知っておくのが大事です。まず築30年以上経った中古住宅には、利便性などよほどの付加価値がない限り建物自体に値はつきません。土地代がそのまま査定額になると考えていいでしょう。

土地代は国土交通省が定める「路線価」を元に割り出せます。路線価は国税庁のHPで調べられます。「11G」のように数字とアルファベットの組み合わせで表示されており、数字に1,000をかけたものが1平方メートルあたりの価格になります。もちろん奥行や面している道路の本数によって細かな計算もありますが、これに土地の面積をかけて割り出された金額がおおよその相場になります。
査定額の見極め方は?

 

買い取ってもらう時に必要な書類や費用

中古住宅を不動産業者に買い取ってもらう時はいくつか必要な書類があります。例えば登記済権利証や固定資産税納税通知書、土地測量図、建物の間取図などです。登記に関する書類は不動産業者が代わりに用意してくれる場合もあります。

費用としては売却額に応じた収入印紙代が1,000~20,000円くらいです。その他、境界が不明だったり抵当権が抹消されていなかったりすると手続きの費用もかかります。数十万円になる場合もあるので注意が必要です。また売却益が取得価格(相続なら相続税額)を上回ると、保有期間が5年以下で41.1%、5年を超えていると22.1%の税金がかかります。

この記事につけられたタグ

  • 住まい
  • 不動産
  • 住まい
  • 家族
  • 資産

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ