都会に住む人が積雪時に慌てないための雪かきグッズ

  • 2016/11/30
  • ライフスタイル
  • 10view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 不動産
  • 住まい
  • 暮らし
  • 生活
  • 生活の知恵
  • 豆知識

雪に弱い首都圏

494736484
北海道では10月に初雪が観測されました。2016年から2017年にかけては、関東地方も例年より雪の日が多いのではないかといわれています。比較的、雪が降りやすい地域では、積雪時の準備も万全に整っているかと思いますが、首都圏で雪が降ると、例え積雪量が10センチだとしても、大混乱となります。

雪が積もってから慌てても、雪かきのためのスコップすら手に入らないかと思います。今であればまだ購入のチャンスがあるので、早めに準備することをお勧めします。

 

雪が降る前に考えたい雪かきの範囲

363000362
雪が積もったとき、どこまで雪かきをしなければいけないかは、それぞれの住環境によるかと思います。例えば、管理人が常駐しているマンションであれば、ある程度は管理人に任せておけるかもしれませんが、マンションの規模によっては管理人だけでは手が回らないかと思います。また、階段が外にあるようなアパートでは2階に住む人が階段の雪かきをしなければ、家を出ることもできなくなってしまいます。同様に戸建てに住む人も家族で敷地内の雪を処理するしかありません。

雪かきが必要な範囲によって、必要なグッズが異なることから、まずは雪が降ったことを想定して、どのような点が不自由になるかを考えてください。

 

雪かきに使えるグッズ

111923474
雪かき用のグッズもどんどん進化しています。ひと昔前であれば、スコップで雪かきをしていましたが、この作業で腰を痛めたり、全身が筋肉痛になったりした人も多いはずです。今では、スコップ以外に使えるグッズが増えているので、スコップの出番といえば、雪が固まったあとくらいです。雪かき用のグッズには主に次のようなものがあります。

・ハンドラッセル
雪かきといえば、雪をすくって放る、というイメージですが、ハンドラッセルを使えば、
すくう必要も放る必要もなく、雪をハンドラッセルで押して寄せるだけです。

 

・雪はね
使い方や形状はスコップに似ていますが、雪を乗せる部分がプラスチックなどの軽い素材でできているため、体に負担がかかりにくいです。

 

・スノーダンプ
ハンドラッセルを横長にしたような形状で、両手で持ち、全身の力を使って雪をキャッチしながら寄せていきます。片手で作業するハンドラッセルより安定性はありますが、普段の収納場所には困りそうです。

 

・散水ホース
アパートでも戸建でも、自分で雪かきをする必要のある人であれば、用意しておくと便利なグッズ。晴れの日の朝に雪かきをし、取り除けなかった雪の層に水をかけておけば、雪の影響で滑って転ぶようなリスクを軽減することができます。

 

 

意外に使える掃除道具

328853837
雪が降る前に準備をしたい雪かきグッズですが、本当に降るかどうか分からないうちから準備をするのはちょっと……、と考えてしまうかもしれません。それであれば、年末の掃除グッズを揃えるつもりで、「バケツ」「チリトリ」「ほうき」の3点は揃えておいてください。バケツは散水ホース代わりになりますし、チリトリはスコップやハンドラッセル代わりになります。また、チリトリで雪を寄せたあとに、ほうきで掃き、水を撒いておけば雪の被害を最小限に抑えることができます。

この記事につけられたタグ

  • 不動産
  • 住まい
  • 暮らし
  • 生活
  • 生活の知恵
  • 豆知識

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ