気軽に売買できる「REIT」で不動産に投資しよう

  • 2016/07/11
  • ライフスタイル
  • 82view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 不動産
  • お金
  • 不動産
  • 成功術
  • 投資

不動産投資のメリットとデメリット

マイナス金利の導入で、普通に預金しただけではお金が増えなくなりました。そのため、多くの人が確実に増やせる方法を探しています。その中で注目を集めているのが「不動産投資」です。

不動産投資の魅力は「家賃」という安定した収入が得られることです。将来的に物件の価値が上がれば、売却益が期待できます。また、不動産を担保にお金を借りることも可能です。

60930694

けれども不動産投資にはさまざまなリスクがあります。例えば空室が発生すると家賃が入ってきません。物件はやがて老朽化するので修繕費もかかります。換金性が低いので、売りたい時に売れるとも限りません。購入する時に借入金があれば、返済にも追われるでしょう。

 

 

不動産投資のデメリットを解消した「REIT」

そこで不動産を証券化して、気軽に投資できるようにしたのが「REIT(不動産投資信託)」です。REITでは投資会社が投資家から出資を募り、運用のプロが多くの不動産に投資します。家賃などの収入があれば「配当」として投資家に還元されるのです。

380673688

購入するのは「証券」なので、換金したい時はすぐに売却できます。もちろん管理する手間も、老朽化する心配もありません。自分一人では買えないような高額な物件に投資できるのも魅力です。

 

 

「REIT」の買い方と選び方

REITの売買は投資信託と同じく、証券会社を通して行います。個別銘柄を購入する方法と、複数の銘柄が組み込まれて株式と同じ感覚で取引できる「ETF」、他の金融商品も組み込まれた「投資信託」のように分散投資する方法もあります。後者になるほど、相場の急変に翻弄されにくくなります。

207873073

個別銘柄を購入する場合は、運用している不動産の種類を確認します。オフィス向けや商業施設、マンションなど対象とする物件は銘柄によって異なります。利回りはもちろん「NAV倍率」という割安度を表す指標も確認しておきたいところです。「1」より下になるほど割安になります。

 

 

リスクもあるので一点集中は要注意

もちろん他の投資商品と同様、元本は保証されていません。思ったような運用ができないと、配当が出ない場合もあります。災害による物件の消滅や投資会社の倒産といったリスクもあります。慣れないうちは一つの銘柄に集中しないよう、分散投資を心がけましょう。

 

 

参考:J-REITの仕組み – 投資信託協会
J-REITとは? – JAPAN-REIT.COM
マンション投資のメリット・デメリット、リスクについて|不動産投資Q&A|日本財託グループ

この記事につけられたタグ

  • 不動産
  • お金
  • 不動産
  • 成功術
  • 投資

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ