記事制作方針ガイドライン

ホームセキュリティでできることの限界

  • 2016/08/02
  • ライフスタイル
  • 86view
  • YAZIUP運営
タグ

ホームセキュリティで犯罪予防はできない?

ホームセキュリティは機械警備の一種であり、センサーが異常を検知して対応を行うものです。つまり、何か起こらなければ何の行動もないということがいえます。

212457709

実は、ホームセキュリティに限らず、機械警備全体に否定的な意見として根強いのが「事件が起きてからでは意味が無い」というものです。機械警備に加入していても、事件事故が発生して初めてわかるのでは無駄金になると考えられるのです。

事件事故を完全に予防したいのであれば、ホームセキュリティはまったく役に立ちません。しかし、完全な予防なんてどんな手段を講じても不可能というものです。そうであれば、起きたときにどう対処するかが重要なのです。

ただし、ホームセキュリティでは事件事故の早期発見と被害の拡大防止が主目的ですが、予防効果もないわけではありません。そのためのアイテムが警備を示すステッカーです。赤や黄色など比較的目立つ配色のステッカーをドアや窓に貼ることで、ホームセキュリティを導入している家庭であることを知らしめます。

424404889

犯罪者心理として、少しでも自分にとって安全な家を狙いたいというものがあります。少なくとも、ホームセキュリティ導入済の家を優先的に狙うなんてことはありません。
「警備を入れている家なんて大金持ちしかいない!」という時代ではないのです。

 

 

犯人を追いかけてはくれない

ホームセキュリティによって泥棒の侵入を検知した場合、警備会社の警備員が駆けつけます。もし、そこで逃げて行く犯人の姿が見られたら。
対峙するような場面であればともかく、すでに現場を離れて逃走中の犯人を追跡することは原則ありません。警備員は警察官ではないからです。職務内容がまるで異なります。

327006413

まず、契約物件である家を放置して犯人を追いかけるなんてあり得ないのです。被害拡大防止に最善を尽くすのが使命。現場の状況確認と保存を優先し、警察の到着を待つのが正しいあり方でしょう。

こうした、ホームセキュリティの特性をよく理解した上で、上手に利用したいですね。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールドブーストパック

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ