記事制作方針ガイドライン

嫁・彼女を傷付けずに料理下手なところを伝える方法

  • 2016/04/01
  • ライフスタイル
  • 200view
  • YAZIUP運営
タグ

料理下手な女性も多い

現代は料理が下手な女性も多くなっています。
昔は男性が外で働き、女性が家事をするという風習があったので、女性の中でも料理が得意な人は多かったのです。
しかし、近年はコンビニで何でも揃いますし、飲食店も多いので外で食べる方も多いです。

女性が働くようになり、そもそも自炊する機会が失われていることも問題ですね。
男性の中には、嫁や彼女が料理下手なものの「そのことを伝えられていない」という方も多いのではないでしょうか。

 

 

褒めつつ指摘する

230929126

料理が下手な嫁や彼女は、別に下手に作ろうとして作ったわけではありません。
一生懸命作った結果、たまたま美味しくできなかった時があっただけのことです。
そんな時、男性から「まずい」なんて言ってしまったら、当然女性は傷つきますよね。

まずは料理を作ってくれたことに感謝して、その上で美味しくない点を指摘するのが基本です。
「今日は忙しいのに作ってくれてありがとう。ちょっと塩味が強いけど、これはこれで美味しいよ」と優しく言ってあげて下さい。

女性の多くが、褒められると「もっと上手に作ろう」と考えます。
そこに「塩分が強い」という具体的な要望を入れることによって、相手を傷付けることなく、なおかつ料理のモチベーションも落とさずに伝えることができます。

 

 

ちょっとだけ残す

116301946

嫁や彼女が作る料理は、全てが全て美味しくないということはないはずです。
また、一品だけ作って終わりということもありませんよね。
そういう時は、他の料理は食べて、美味しくないものに関しては、ちょっとだけ残してみるというのも効果的な方法です。

「どうして残したの」と聞かれれば、「ちょっとだけ味が薄いなと思って」と濁しながら伝えて行きましょう。
女性の多くは「他のは食べているのにこれだけ残すってことは、美味しくなかったのかな」と自分で理解してくれるはずです。

料理を指摘する場合、自分から言って気付かせるのではなく、相手に気付かせるということも重要な伝え方の一つです。

 

 

あえてストレートに言ってしまう

254202712

「今日の料理なんか味変かも」と言えば、ほとんどの女性は「何が悪かったんだろう」と考えてくれるはずです。
具体的に美味しくないものが分かっているのなら、それを作った本人に食べてもらって、感想をどんどん伝えていくと良いでしょう。

もちろん直接的な表現で言ってしまうと傷つけてしまうので、「この料理だけちょっと味がいつもと違うかな」と言ってみると良いかもしれませんね。

次から味が改善されればそれで良いですし、変わらなければもう一度伝えてみましょう。

男女の味覚というのはそれぞれ異なるので、料理を作る側と食べる側では違いが生じるのも当たり前のことかもしれません。
ただ、本当に美味しくない場合は、やんわりと伝えられるようになりましょうね。
それも男の優しさというものです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダブースト

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ