記事制作方針ガイドライン

引っ越し後の住環境アップにお勧めの観葉植物

  • 2017/03/25
  • ライフスタイル
  • 23view
  • YAZIUP運営
タグ

引っ越し先に置きたい観葉植物

部屋の中が寂しければ、観葉植物を置いてみませんか?

引っ越しシーズンも終わりつつあり、新しい住まいに移り、新たな生活をスタートさせた人も多いかと思います、引っ越ししたばかりのときには、電気・水道・ガスの使用手続きにインターネット回線の工事、そして銀行やクレジットカード会社に対しての住所変更など、やることが盛りだくさんで、多くのことを考えるゆとりもなかったかと思いますが、4月、5月になると、足りないものや生活に加えたいものが見えてくるかと思います。

もし、部屋の中が殺伐とした雰囲気だったり、寂しい印象があったりするようであれば、観葉植物を置いてみてはいかがでしょうか。

 

住環境をより良くする観葉植物

新築の家の独特な臭い対策にも観葉植物は有効です。

新築の家に引っ越した場合、ホルムアルデヒドなどの化学物質の影響で、ニオイが酷かったり、目がチカチカしたりすることがあります。また歴史を重ねているような家に引っ越した場合にはカビ臭や以前の住民の体臭、使っていた香料のニオイが家に染みついていることもあります。

このような問題を軽減するのに利用できるのも観葉植物です。観葉植物には空気をキレイにする力やカビを抑制する力があるからです。植物は動物と違って、自分の意志で移動することができないので、環境に対する順応力や有害物質に対する抵抗力が強く、私たちはそれらをうまく利用することで、より快適な住環境を得ることができます。

 

心と体に優しい観葉植物

観葉植物には癒し効果もあります。

仕事で忙しい人でも、寝るときには家に帰ってくる人がほとんどかと思います。お風呂に入って、ひと息ついて寝るまでの時間は、リラックスしたいですよね。観葉植物はマイナスイオンを出してくれます。さらに植物の香りには心身を緩める効果がありますし、緑というカラーには心を落ち着かせる効果があったり、幸福をもたらすパワーがあったりするので、お勧めです。

また、一人暮らしの方であれば、観葉植物の生育を見守るというミッションが、ほどよい具合の生きがいとなるかもしれません。

 

観葉植物の選び方と手入れの仕方

観葉植物の選び方の手入れの方法をご紹介。

観葉植物の種類を選ぶときには、置く場所を考えてからにしましょう。置く予定の場所に太陽の光が当たるかどうか、夏に熱が籠るような場所ではないか、冬に暖房を入れられるような場所であるかどうか、などがポイントとなります。ただし、夏場に長時間直射日光を浴びるような場所に置いたり、冷暖房が直接当たるような場所に置いたりすることは避けましょう。

観葉植物を買うのであれば園芸店や花屋といった、その道に詳しい人がいる場所で買うのがよいでしょう。ただし、小さな店舗の場合には取り寄せになることもあるので、自分のイメージする観葉植物の背の高さや葉のつき方、鉢の色や形などを事前にしっかり伝えておきましょう。

そして、実際に観葉植物を部屋に配置したら、しっかり手をかけましょう。土が乾燥したらたっぷりと水をやります。また、霧吹きに水をいれ、毎朝、葉っぱに水をかけてください。虫が付く予防にもありますが、葉からも水を吸うことができるので、乾燥を防ぐことができます。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

        ロットンダで

        ロットンダゴールド

        人気カテゴリランキング

        ページTOPへ
        ページTOPへ