お店のポイント制度で一人暮らしが豊かになる

  • 2016/08/29
  • ライフスタイル
  • 53view
  • YAZIUP運営
タグ

ポイント集めは貧乏の証拠という勘違い

いまやあらゆる分野のお店で導入されているポイント制度ですが、一部のお金持ちからは「ポイント集めに必死なのは貧乏の証拠」のような評価があります。確かに、一生使い切れない程の大金を持っていれば、ポイントに興味を持たない人生もあるでしょう。

しかし、ポイントは節約だけが目的ではありません。ポイントを集めることによってしか手に入れられないレアグッズもあります。その他にもポイント会員対象の優遇策もありますので、単に貧乏臭いという指摘は短絡的です。

176162948

とはいえ、ポイント制度の最大にして最強のウリが「お金の問題」であることは事実です。おやじ世代であれば、子供の教育費など出費はいくらでもあります。その反面、収入は限られているのも現実です。

そこで見直したいのが各種お店のポイント制度なのです。
一般的なショッピングポイントは買い上げ金額100円毎に1ポイントとか、200円枚に1ポイントとかの還元型です。仮に1万円の買い物をすれば200円で1ポイントの場合は50ポイント付きます。

獲得したポイントは利用できる単位に制限があったとしても、額にすれば1ポイント1円として使えるケースが多いでしょう。つまり、50ポイントなら50円になるわけです。それでも、たったの50円と思う人もいるでしょう。おれは一人暮らしだからそんなミミッチイ話は関係ないと思っているかも知れません。

では、このような買い物を毎月10回して月間500ポイントの獲得ではどうでしょう。年間では6000ポイントになります。

455571439

給料が上がらない、小遣いが足りない。なんて嘆いているのであれば、この年間6000円相当のポイントバックの威力はわかるはずです。その店での買い物に使うお金が6000円浮くのですから、その分を飲み代にまわすことができるのです。

 

一人暮らしだからこそのポイント活用

ポイントにハマルのは主婦の習性のように考える人もいますが、実は、一人暮らしのおやじこそポイントを活用すべきなのです。妻帯者であれば、多くの場合は自分で毎日の食料や日用品を買うことはないでしょう。それこそ奥さんが気に入ったお店でお得なポイントをためていることと考えられます。

しかし、一人暮らしでは誰もそんなことをしてくれません。さらに、一人暮らしのおやじとなれば、主婦のようにチラシをチェックして安いものを買いに走るということもないでしょう。結構割高なものを無造作に買っている可能性があります。

その穴埋めに有効なのがポイントということです。そして、ポイントをためるようになれば、商品自体の選別にも気が向くようになるものです。
結果として、生活の質を向上させることにもつながるのが一人暮らしのポイント利用なのです。

282567371

多くの場合、ポイント会員になるのは無料ですし、有料の場合でもカード発行手数料の200円程度のケースが多いでしょう。しかも、レジでカードを出すだけですから利用の手間もかかりません。これだけ手軽であれば、年に6000円を見逃す理由はないですね。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ