YAZIUP CLUB会員募集中

そろそろ選択肢に入れようカーシェアリングというつきあい方

  • 2017/09/28
  • ライフスタイル・娯楽
  • 33view
  • のりき 夢丸
タグ
  • 自動車
  • ドライブ
  • ビジネス
  • ライフスタイル
  • 暮らし

車を持つことの意味を考える

車を持つことの意味を考える

車を愛車と呼べる人は幸せです。
自分の思うがままに動かし、ときに相棒として、ときに思い出の語りべとして、人生を彩るのが車だとしたら、ね。

しかし、ある時期を境に、はっきり言って車は維持費ばかりかかる鉄のかたまりへと変貌します。
いまは古い車に優しい社会ではありません。むしろ虐げられるのはいつも古い車の方。
長く車を持つことを拒絶されたら、ひとは他の選択肢を考えます。
「うんと短い間だけ車を持つことができればよい」
こうしてカーシェアリングというビジネスが誕生しました。

 

コストで考える車というたしなみ

コストで考える車というたしなみ

田舎はまだまだ一家に一台車が必要です。
たとえ80歳になっても、腰が痛くて普段は一歩も動かないはずのじーちゃんでも、車には乗れる(根性で動かす)という方、大勢見かけます。
でもその維持費、ハンパじゃありません。
どんなにせこせこ乗っても1か月に2度の給油、洗車、消耗品の購入、そして毎年の点検、車検!
かるく20万を超えてきませんか?
またその手間を掛けたからって、明日をも知れない車の寿命!
6年経ったら、価値はゼロ!

ボンネットからシューと煙が上がれば、どんなに新しくたってそこでハイ終わり、であります。

 

え、安いじゃんカーシェアリング

カーシェアリングの初期費用がデフレ状態

ステマでも何でもなく、いまカーシェアリングの初期費用がデフレ状態です。
月額基本料1,000円ポッキリ。掛け捨てかと思いきや、利用料への充当OK。まあ乗っても1日6,000円也。
年に20回遠乗りしても12万。時間制なら距離に関係なくレッツゴー!
そもそも年に20回の遠出って、我が家ではあり得ません。
それでいて壊れる心配なし。管理の心配なし。

オジサン、ちょっと前の状況しか知らなかったんだけど、月額数千円するプランばかりと思ってたわ。
それでも選択肢としてアリだったのに、はあ、すでにここで隔世の感あり、です。

 

カーシェアリング、すたれない?

カーシェアリング、すたれない?

せっかく舵を切ったからといって、今後カーシェアリングがビジネスとして下火にならないか、それが一番の心配。

でも考えてみると、カーシェアリングって「車をどうしても手放せないよ」という悲痛な叫びの集合体、じゃないかと思うんだ。
動力こそエンジンだ、EVだ、と世界中で動きがあるものの、車に変わる移動手段が出てきたという話はとんと聞かない。
ただ最近「…ちょっとアナタ、その存在が重たいんですけど」と言われただけで、いざとなれば「頼りにしてる!」って都合よく使われるだけのこと。

いや、まだ車からは離れられませんわ。

観光地でもスイスイとレンタカーを運転できるパパさんなら、カーシェアリングに意外と早く順応できると思う。
日替わり車の楽しみなんて考えもしなかったけど、とうとうそういう時代が来ていますよ、ドライバー諸君!

この記事につけられたタグ

  • 自動車
  • ドライブ
  • ビジネス
  • ライフスタイル
  • 暮らし

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ