肩こりをなんとかしたい!できれば簡単に!

  • 2015/12/01
  • ヘルスケア
  • 201view
  • YAZIUP運営
タグ

まずは肩を上げ下げして可動域をほぐしましょう

長年の肩こりの悩み、そしてある日突然襲う四十肩の痛み、年齢が30代や40代になってくると肩の悩みはつきものですよね。そんな肩こりですが、毎日の簡単な体操で肩こりの症状を楽にする事が出来る可能性があります。今回は肩こり解消の為の体操についてご紹介をさせていただきます。

 

肩こりを解消する体操のまず一番最初に行う事は肩の上げ下げ運動です。やり方は、肩をすぼめるようにして両肩を上げ、そして両肩の力を抜いて肩を下ろします。たったこれだけでOKです。

309986972

 

次に肩の背中側の筋肉を伸ばしてあげましょう

次に行う肩こり解消の体操は、肩の背中側、後ろの肩部分の筋肉を伸ばしてあげる体操です。やり方は、片方の腕でもう片方の腕の肘の外側を抱えるようにして手首で持ち、手首ともう片方の肘を胸側に近づけて背中側の肩の筋肉をゆっくり伸ばすだけでOKです。これを両肩で行ってみましょう。

162153095

 

僧帽筋を回してストレッチしましょう

肩の付け根と首の間にある筋肉である僧帽筋と呼ばれる筋肉は肩こりに大きく関係しています。肩をすぼめるようにして前後に回してストレッチさせてあげる事で肩の付け根の僧帽筋の緊張を解きほぐす事が出来ます。

295862036

 

肩の関節を上に上げて肩の下部をストレッチ

次は肩の関節を上に上げて肩の下部筋肉をストレッチさせてみましょう。やり方は片方の肘をもう片方の手のひらで抑え、そのまま頭の上に肘と手のひらを持ち上げてゆき、肘から肩の下の部分の筋肉を伸ばしてあげる、たったこれだけでOKです。

228735196

 

拝みポーズで肩の関節を正常な位置に

肩の関節は年齢と共に徐々に関節部分に隙間が出来、肩こりの痛みの原因になってしまいます。その隙間を直す為には、「拝みポーズ」と呼ばれる正座の姿勢から両手のひらを地面につけ、さらに顎を地面につけるようなポーズを取ると肩関節が徐々に正常な位置に戻ってゆき、肩こりに効果を期待出来ます。

308668355

 

グルグル手回しで肩の関節を柔らかく

子供の頃に誰もがした経験がある「ぐるぐる手回し」の動作は肩こり解消に非常に効果的です。やり方は、両手を交互に風車のようにぐるぐると回す、これだけです。遠心力をつけて両肩を回す事で、肩の可動域を広げて肩関節を柔らかくする事が出来ます。

318165314

 

最後は肩の回旋運動で肩の可動域を正常に

最後の仕上げの体操は、肩の回旋運動を行って肩関節の可動域を正常な位置に戻す体操です。加齢と共に狭まった肩関節は、肩の回旋運動で可動域を正常な位置に戻す事が出来ます。やり方は、両腕を身体の側面にぴったりと付けて手のひらを開いて上に向け、その状態で手のひらを外側にゆっくりと開いて限界まで開いたら元の位置にゆっくりと戻す、これを10回1セットで一日2セット行う事で肩こりの症状を緩和する事が出来る効果を期待出来ます。

192216428

 

肩こり解消の為の簡単な動作で行う事が出来る体操、いかがでしたでしょうか。30代や40代になるとどうしても肩こりの症状が出てきてしまう人が多いですが、今回ご紹介した体操を毎日行う事で肩こりの症状を緩和する事が出来ますので、肩こりにお悩みの肩はぜひ試してみて下さいね。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ