肩こりとの付き合い方

  • 2015/12/11
  • ヘルスケア
  • 107view
  • YAZIUP運営
タグ

まずは理解する

男性の肩こり、これはあまり大きな問題にはなりません。また肩こりの話を同僚に話しても、あまりまともに取り合ってもらえないほど、小さな問題と認識されがちです。何故なら、肩こりにならない人も居るためです。

働く男の肩こりとの付き合い方について、ご提案いたします。

 

肩こりになる人、ならない人

197269799

肩こりになる人は、姿勢が良いという事が言えます。姿勢が良いという事は自然に血行も良いという事になるため、肩こりになったとしてもお風呂などにゆっくり浸かってしまえば治ってしまいます。

人間には、自然治癒力があらかじめ備わっており多少の肩こりなら、自然治癒力が働いて翌朝には治ります。肩こりの経験がないという方が居るのはこのためです。近頃ではこの自然治癒力に、注目が集まっており風邪なども薬などをあまり使わずに安静にして治そうという考え方が主流になりつつあります。

逆に肩こりになる人というのは、普段の姿勢が良くないため血行が悪く、肩こりが発生してしまいます。そして辛い肩こりとなると手を挙げようとすると、痛くてある一定の高さ以上に上がらない、疲労がたまると肩が重いなどの症状が出ます。

そして自然治癒力とある程度の休養などでは、治らなくなって辛い肩こりと付き合わなくてはならなくなります。こうなってしまうと市販の薬や医療機関にお世話にならなければ
軽減されなくなります。

 

 

・民間療法で肩こりを軽減する方法

278015615

肩こりぐらいで、医療機関に出向くのは少し抵抗があるという場合は、民間療法で肩こりを治す方法をいくつか、紹介します。

 

・ドライヤーを凝っている患部に当てる

ドライヤー?髪を乾かす道具として普段は使用していると思います。これが肩こりにも効くというのです。因みに肩こりは、血行が悪くなり固まっている状態にあるのでその患部にドライヤーの熱風を当てて血行促進を促すというものです。
ドライヤーならどんな家にも恐らくあるでしょうから、簡単に出来そうでこの方法で
少しは肩こりが軽減される可能性があります。

 

・梅干シップで肩こりを軽減させる

梅干の梅肉を小麦粉と混ぜて患部に張ります。梅干しのクエン酸が乳酸を分解する働きを持っており、これが凝った患部に効くという話です。ただし梅干しも少しは臭いがしますので会社のデスク等でこの方法を行う事はお勧めできません。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ