ヘルスケアで事前につらい肩こりを防ぐための方法

  • 2016/07/12
  • ヘルスケア
  • 95view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 肩こり
  • ヘルスケア
  • 健康
  • 健康管理
  • 病気
  • 病院
  • 肩こり

肩こりにならないために動かす

肩こりに対してのヘルスケアで一番効果的なのは、こまめに動かすことです。筋肉に圧力がかかって血流が悪くなることで肩こりが起こります。それを防ぐために、こまめに伸びをしたり胸を開くような動作をして筋肉がある状態で固まらないようにします。

365494676

 

肩こりにならないためには普段の姿勢が大事

肩こりは、余計な圧力が筋肉にかかることから始まりますので、ヘルスケアの方法として姿勢を正して、筋肉を正しい位置にしてあげることで肩こりが起こりにくくなります。

姿勢が悪いと自覚している人は早急に治した方が良いです。

363124142

 

肩こりは湯船に入ってしっかり暖めることで筋肉がほぐれる

肩こりに対してできる身近なヘルスケアで、お風呂に入るとき湯船に入ることをお勧めします。血流は暖めることで流れが良くなりますので、湯船に入ることで血流が流れます。お風呂に入るときは面倒だとは思わずにシャワーで終わるのはなく、湯船に入るのが良いです。

121823815

 

急性の肩こりには、冷却することで鎮静する

突然起きた肩こりや、いつから起こったか明白になっている肩こりのヘルスケアは、筋肉が炎症を起こして熱くなっていますので、冷却することで筋肉残りをほぐします。鎮静することで筋肉がほぐれていきます。冷却の湿布などを使って対処しましょう。

153026510

 

慢性の肩こりには暖めることで痛みを対処する

慢性の肩こりは血流が滞っていることで起こります。ですからヘルスケアとしては暖めることで解消していきます。湿布は暖かいタイプのものを選んで、時にはカイロなどを使用して凝りをほぐしていきます。じんわり暖かくて気持ち良いです。

287256008

 

接骨院で電気を流し、一時的に肩こりを解消する

接骨院は病院ではありませんので、対処療法になることが多いです。接骨院での肩こりのヘルスケアは、電気をながしたりマッサージをしてもらうことになります。一時的には全く肩こりはなくなりますが、姿勢などに気をつけないと再度起こりますので注意が必要です。

162163010

 

整形外科に行って投薬や痛み止めを使用する

一番辛い肩こりに対してのヘルスケアは整形外科に行くのが良いです。投薬で筋肉のコリを緩和する薬や、痛み止めをつかうことで肩こりが解消されていきます。医師の診察ですので、効果は抜群ですが、薬を飲まないと痛みが始まることがあります。

339538796

中高年男性のカッコイイ男性は肩こりはできれば防ぎたいものです。湿布など見えたりすると少し恥ずかしいですよね。病院に行かなくても治ることはありますので、姿勢を治したり、軽い体操などをして防いでいきたいものですね。

この記事につけられたタグ

  • 肩こり
  • ヘルスケア
  • 健康
  • 健康管理
  • 病気
  • 病院
  • 肩こり

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ