簡単にできる肩こりの自分で出来るヘルスケアについて

  • 2016/07/03
  • ヘルスケア
  • 94view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 肩こり
  • エクササイズ
  • サプリメント
  • ストレッチ
  • ヘルスケア
  • 生活習慣
  • 肩こり
  • 身体
  • 運動
  • 食事

ストレスを解消をおこなってリラックスする

肩こりのヘルスケアとしてストレスが溜まっていると、緊張状態が続いて、筋肉が凝り固まっている状態です。また知らない間に肩に力が入って、ガチガチになっていてどんどん悪化していきます。

なるべくその日の内に気分転換を行って疲れをためないことも大切です。

355404758

 

目が疲れていて、肩に力が入って凝り固まっている

肩こりの原因として、今使っているメガネやコンタクトは自分の今の視力に合っているのでしょうか。目の疲労はそのまま肩にも緊張が伝わってやがて肩こりが起こってしまいます。

血流ヘルスケアとしては、自分に合った度数の視力矯正をおこなって作業をすることです。

105842843

 

自分の姿勢や癖を考えて、日々の行動の中で修正していく

肩こりは思わぬ重圧がかかっていて起こることも多いです。ひじをついて座ることが多かったり、いつも同じ肩にバッグをかけていることはありませんか。

自分では無意識なので、身近な人に指摘してもらいながらヘルスケアを行って、修正していきましょう。

278193020

 

寒いのを我慢して、肩に緊張が走って凝っている

肩こりのヘルスケアとして寒さを我慢したり、薄着の状態では肩がこる一方です。冷えは血流が悪くなって筋肉にコリを起こしたり、寒いことで身体が固まって肩に力が入り、やがて凝っていきます。

おしゃれより健康を重視して、厚着やマフラー、カイロを使用しましょう。

349137845

 

ビタミンEなどのサプリメントを使用して肩こりを解消していく

血流が悪くなることでコリが起こり、肩こりが起こりやすい原因となります。ビタミンEは血行を促進しますので、ヘルスケアとしてサプリメントを服用するのも良いです。

またビタミンCはストレス軽減によく、一緒に飲むことで吸収率も上がります。

73953328

 

肥満にならないような食事や運動をして、予防する

肥満は身体のあらゆる筋肉のバランスを崩して、身体のどこかに余計な圧力をかけてコリを起こす原因となります。また、運動不足によって筋肉量が落ちて、支えきれなくなりコリを起こすこともあります。

肩こりのヘルスケアとしては、肥満にならないような食事と運動が大切です。

214573648

 

体操や、ストレッチを繰り返して肩こりにならないようにする

例えば、手先を肩に置いて腕を回転させたり、胸をしっかり開いて背伸びするだけでも肩こりになりにくいです。長時間同じ場所にあることがコリを起こしますので、肩こりのヘルスケアとしては、体操やストレッチをする休憩をたまにはさみながら、作業することをお勧めします。

73559
ひどい肩こりは長引くことも多く、本当に悩むことも多いです。カッコイイ中高年男性が肩こりを起こしてしまうといつも疲れている印象を持たれてしまうので、気をつけたいところです。

自分でできるヘルスケアをしてみませんか。

この記事につけられたタグ

  • 肩こり
  • エクササイズ
  • サプリメント
  • ストレッチ
  • ヘルスケア
  • 生活習慣
  • 肩こり
  • 身体
  • 運動
  • 食事

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ