思春期ニキビと大人ニキビは違う!正しいケアの方法は?

  • 2016/04/11
  • ヘルスケア
  • 120view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 病気
  • スキンケア
  • 治療
  • 病気
  • 美容

大人ニキビに悩んでいませんか?

284644766

大人ニキビと思春期ニキビのできる原因は同じ皮脂が毛穴に入って炎症を起こすことなのですが、思春期ニキビと同じように薬を使って治そうとすると、実は逆効果でニキビが悪化したりします。
特に男性はシェービングをする影響で、肌の表面を守る肌のバリア機能が女性よりもダメージを受けています。シェービングを良くする場所、例えば鼻の下や唇の周りにニキビが集中してできているのであれば、大人ニキビの可能性があります!

 

 

大人ニキビを放置するとクレーターにも?

242588251

大人ニキビの厄介なところは、薬を使っても治らないということです。薬というのは肌の油分を調整やニキビの原因菌を殺菌するものなのですが、思春期のニキビは皮脂の量が過剰になっているので薬など油分を調整すれば治るのですが、大人ニキビは油分を調整してしまうと逆効果でニキビが悪化します。
思春期の頃のようにつぶしてしまっては、クレーターになって跡が残ることもあります。

 

 

大人ニキビの原因は?

274026497

大人ニキビの原因は、肌の水分不足です。人間の肌は肌バリアという0.02ミリの薄い膜でおおわれています。
この肌バリアは皮膚の中にある水分が蒸発するのを防ぐ効果があります。しかし、シェービングをすることでこの膜がヒゲと一緒に削りとられてしまいますので、肌バリアがなくなってしまい、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。
乾燥した肌の毛穴は小さく硬くなるのですが、そこに皮脂が詰まることでニキビになります。水分量を維持している場合、毛穴に皮脂が詰まったとしてもニキビにはならないのです。
そして、思春期と同じように油分の量を少なくする薬を塗ってしまえば、肌の乾燥が進行してしまい、ニキビが悪化するのです!
大人と思春期ではニキビへの対応法は変わります。

 

 

保湿をしてワセリンを塗る!

シェービングをする際は保湿をすることです。セラミドという成分が入っている化粧水を顔に塗り、ワセリンという油分で蓋をします。このワセリンは人体にほとんど悪影響を与えないものなので、保湿の際には非常に便利なのです。
化粧水を塗らなくてもシェービングの後は必ず、ワセリン配合のクリームを塗るといいでしょう。

この記事につけられたタグ

  • 病気
  • スキンケア
  • 治療
  • 病気
  • 美容

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ