花粉症対策の決定版! 知っておけば花粉を乗り切れる!

  • 2016/03/19
  • ヘルスケア
  • 101view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 病気
  • 暮らし
  • 生活習慣

 

負けないために

花粉症ですが、3月からスギ・ヒノキ花粉が本格的に飛散し始めます。スギ花粉とヒノキ花粉は非常に似ていますので、どちらかにアレルギー症状が出てしまいますと、もう片方も確実にアレルギー症状が出ます。

花粉症にならないためには、どのようなことをすればいいのでしょうか。

 

358632839

 

 

マスクをする!

基本的なことですが、体内にアレルゲンであるスギ・ヒノキの花粉を入れないことが花粉症予防の基本です。体内に花粉が蓄積されていき、ある日突然限界を超えて花粉症となります。つまり、花粉を体内に入れないことが何よりも重要になります。

マスクに関してですが鼻まで隠せるような大きなタイプでなければ意味をなしませんので、注意が必要です。

 

337469090

 

 

つるつるした素材の服を着る

花粉は室内にいれば関係ない、というわけでもありません。花粉が舞っている外へ出ますと花粉は服についています。そのため、室内に入ったから安心というわけではありません。

花粉がつきにくい服として綿やナイロンの素材で作られた服を着て、室内へ入ったら粘着テープなどで洋服についた花粉を取り除くようにすれば、花粉症になるリスクを低下させます。

 

 

舌下免疫療法

花粉症になってしまったのなら、舌下免疫療法が効果のある治療法として、現在注目をされています。

舌下に花粉エキスを垂らして、体を花粉に慣らしていくという治療方法です。時間がかかるというデメリットはありますが、体が花粉に慣れていくことで、花粉によるアレルギー反応が起こりにくくなります。

 

 

花粉症の薬は早めが肝心

花粉症の予防薬も販売されていますが、これは花粉が飛散する前から飲み始めることで効果を発揮します。花粉症なら花粉の飛散量が少ないうちから服用しましょう。

 

319466408

 

 

規則正しい生活を!

花粉症になるのは、不規則な生活が原因ということもあります。不規則な生活をしていますと、体の免疫力が落ちてしまうのです。

また、喫煙習慣があれば、花粉の時期は止めておいたほうがいいでしょう。喫煙をすることで鼻の粘膜が弱くなるので、それだけ花粉症になるリスクが高まります。

 

 

辛い時は病院へ

花粉症は放置しておきますと心身ともにストレスがかかりますので、あまりいい状態とはいえません。そのため、花粉症がひどい場合は、我慢せずに病院へいくことをオススメします。

 

317543198

 

この記事につけられたタグ

  • 病気
  • 暮らし
  • 生活習慣

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ