なってからでは遅い性病対策方法を徹底解説

  • 2016/02/22
  • ヘルスケア
  • 106view
  • YAZIUP運営
タグ

基本はコンドームをつけること。途中からつけても意味がないことも

性病対策の基本はコンドームの使用です。コンドームを使用することで多くの性病を防ぐことができ、安全な性生活を手に入れるためにも欠かせないものとなっています。

注意しなければいけないのが、途中でつけ始めても意味がないと言うことです。性病の多くが精液や粘膜同士の接触で行われます。

そのため、性器が触れ合った状態だけでなく、お尻の穴などに触れてしまっただけでも性病感染の恐れが出てくるためです。性行為をする場合は、最初にコンドームをつけるのが基本です。

間違った知識で意識せずに感染を広げてしまうことも多いため、自分が守るだけでなく、パートナーが事前に知識を持っているかも重要になってきます。

262617848

 

 

不特定多数の相手と性行為をしないことも重要になる

性病対策のもう一つの基本は、不特定多数の相手と性行為をしないことです。これは、性行為を行った人数が増えるほど性行為のリスクが増えるためです。

男女で症状の出方が違い、それぞれ自覚症状がなく感染を広げてしまうことも多いのが性病の難しい所です。とくに、性的関係を持った相手の異性遍歴を確認できても、その相手の男性の性遍歴を確認することは難しくなります。

特に風俗などでは不特定多数の男性の相手を行うため、それだけ感染のリスクも高まってしまいます。風俗は可能な限り利用せず、利用するとしても定期的な性病検査を行っている安全性の高い場所にするなど、配慮をすることも重要なのです。

249224026

 

 

コンドームでは防げない性病もあることを頭に入れる

性病はコンドームだけで防げるものではなく、オーラルセックスなどで感染する可能性もあることを覚えておく必要があります。例えば、クラミジアや淋病はのどの粘膜が感染源になるため、コンドームでは防げない性病の代表的なものとなっています。

特に淋病は女性に自覚症状が出ないため、感染していてもわからないケースが多いのです。一番確実な性病対策は、自分が感染していないことを確認した上で、相手の検査結果を知って性行為をすることです。

将来を考えている相手であれば、そう言った情報を進んで開示することが信頼を深める要素にもなります。梅毒に至ってはディープキスなどでも感染する可能性があるため、知らない相手は常にリスクがあることを頭に入れておくことも重要なのです。

68124622

 

 

性病対策で重要なのはコンドームですが、コンドームでは防げない病気も存在します。オーラルセックスなどでも感染するものがあるため、性行為には必ずリスクがあることを覚えておく必要があります。

パートナーの安全のためにも、安全を確保した上で性行為をすることは非常に重要なのです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ