YAZIUP CLUB会員募集中

オヤジ世代の病院との付き合い方

  • 2017/10/07
  • ヘルスケア
  • 27view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 病気
  • インターネット
  • ヘルスケア
  • 治療
  • 病気
  • 病院

総合病院の飛び込み受診は断られる?

オヤジ世代になると病院のお世話になる機会が多くなります。体調不良だったり健康診断で異常値があったりした時は、早めに対処するほど完治できる可能性が高くなります。もはや若かった頃のように寝ていれば治るものではありません。

けれども、それまで健康だったオヤジほど病院選びは迷うものです。かつては総合病院に行けばどうにかなりましたが、今ではそのような規模の大きい病院ほど飛び込みでは受け付けてくれず、医師の紹介状が必要です。

総合病院の飛び込み受診は断られる?

インターネットで検索する

最近はインターネット上に多くの病院検索サイトがあり、地域と診療科目を入力すれば該当する病院がリストアップされます。病院がホームページを開設しているなら、詳しい診療内容や診療科目、治療方針などが分かります。受診する時はいきなり来院するよりも事前に電話やメールで問い合わせた方がスムーズですし、無駄足になるのを防げます。

いくつかの病院検索サイトでは実際に受診した患者の口コミを見られるようになっています。院内の雰囲気や医師、看護婦の対応などをうかがえますが過信は禁物です。良し悪しは人それぞれで必ずしも自分に当てはまるとは限りません。感情的な口コミほど冷静な評価はできていないものです。あくまでも参考程度にとどめておきましょう。

インターネットで検索する

近所のクリニックを受診してみる

病院の診療科目は基本的に内科と外科に分かれ、そこからさらに内科なら消化器内科や循環器内科、外科なら形成外科や脳神経外科などに細分化されます。そのため近所にある小規模の内科や外科のクリニックを受診するのも病院選びの早道です。

確かにそのようなクリニックは治療できなかったり専門性に欠けたりする可能性はありますが、症状の原因が何なのか見当をつけることはできます。そのクリニックで対応できなければ専門の病院を紹介してくれるはずです。むしろそうでなければ困ります。健康診断で引っかかった時も同様に、どこを受診すればいいのか相談してみましょう。

オヤジ世代になったら、こうした病気の窓口になってくれる「かかりつけ医」を1つ作っておきたいところです。何でも相談できるし、病気のたびに自分で最適な病院を探す手間も省けます。

近所のクリニックを受診してみる

スムーズな治療を受けるためのポイント

症状や数値の異常だけで何の病気か分からない時は問診や検査を通して特定します。ここで時間がかかってしまうと治療に取りかかるのが遅れ、複数の病院や診療科目をたらいまわしになる恐れもあります。そこで求められるのが「情報の発信」です。

例えばどこがどのように痛むのか、自覚症状を口頭で説明できるようにしましょう。健康診断の異常がきっかけであれば、検査結果を持参します。別の持病がある時は治療の経過や服用している薬の情報が必要です。あらかじめメモにまとめておくと的確に伝えられます。

さらに、どのような治療を希望するのか意向を伝えるのも大切です。手術をするのか投薬だけにするのか、正常値に戻ればいいのか完治を目指すのかなどです。もちろん最終的な治療方針は医師が決めますが、自分の意向が少しでも反映されていれば治療に対する満足度は違うでしょう。

この記事につけられたタグ

  • 病気
  • インターネット
  • ヘルスケア
  • 治療
  • 病気
  • 病院

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ