記事制作方針ガイドライン

「過緊張」って知ってる?働き盛りのオヤジこそ気をつけたいメンタルヘルス

  • 2017/09/13
  • ヘルスケア
  • 61view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 病気
  • ストレス
  • スマホ
  • メンタル
  • 不眠症
  • 仕事
  • 会社
  • 睡眠
  • 瞑想

現代人が陥る「過緊張」

現代人が陥る「過緊張」

過緊張という言葉をご存知でしょうか。男性に限らず、働き盛りの世代は、何かとストレスに晒されるのが当たり前で、「帰宅して食事をしていても仕事のことが頭から離れない」「毎日寝る前に仕事のことばかり考えてしまい、寝付けない」「ようやく眠りにつけたと思ったら夜中に目が覚めてしまう」といった症状を自覚しても、「たかがストレス」と軽視し、常に無理をしがちです。

過緊張とは、文字通り「必要以上に心や身体が緊張してしまっている状態」を差します。ストレスなどによって自律神経が乱れることで起こる様々な症状です。EQやマインドフルネス以前に、日本の企業では働き盛りのオヤジ達は常に緊張状態にさらされることが多く、この「過緊張」の状態になっている可能性が非常に高いと言われています。ここでは、日ごろから出来る過緊張の対策や、過緊張状態になってしまった際に「元に戻す方法」などをいくつか紹介します。

 

過緊張がもたらす「睡眠障害」と「肩こりや倦怠感」

過緊張がもたらす「睡眠障害」と「肩こりや倦怠感」

過緊張の状態に陥ったときの最も顕著な症状は「睡眠障害」でしょう。どれだけ寝ても「常に眠い」という「過眠症」や、そもそも眠れない「不眠症」、さらには日中の生活に支障をきたす「ナルコレプシー」や「突発性過眠症」などに発展するケースもあり、軽視できません。

また、睡眠障害と同時に、慢性的な倦怠感や肩こりの症状が現れるのも特徴で、マッサージを受けたり湿布を貼っても症状が緩和しない場合は要注意です。特に、「朝目が覚めてもなかなか起きられない、布団からでたくない」といった症状は、単に「ここのところ、何だかやる気がない」で済まされがちですが、こうした「身体が発するシグナル」に耳を傾けて、まずは過緊張を自覚することが大切です。

 

寝る前のスマホをやめる

寝る前のスマホをやめる

過緊張の症状を和らげるには、「ストレスの元」を無くすのが最も有効ですが、その原因の多くが仕事である以上、「現実的には難しい」という人の方が多いかと思います。そこでおすすめするのが、「寝る前のスマホ」をしばらく止めてみることです。

現代人は、スマホやPCなどから、常に大量の情報シャワーを浴びている状態で、オンとオフの切り替えが難しくなっています。ガラケーの時代は、単に通話とメールがメインのツールでしたが、スマホが普及してからは、仕事のメールも受信し、返信も可能な状態であったり、ビジネスに関する情報や資料にいつでもアクセスできるという前提があるため、単に携帯電話を持っているというよりも、「仕事をする環境を24時間携帯している」状態と言えます。

まずは就寝時だけでもその環境を変えましょう。

 

瞑想を試してみる

瞑想を試してみる

もちろん、今の仕事に拘りがないのであれば、嫌々働くよりも、転職して新たな環境に身を置くことをおすすめします。そもそも、過緊張の予防、改善方法は、うつ病の対策と似ています。物理的な環境を変えることが難しくても、「瞑想」などでマインドを整えるだけでも症状が良くなることは珍しくありません。

瞑想といってもそんなに難しいものではなく、目を閉じてリラックスできる環境で、体の力を抜いて呼吸だけに意識を集中するだけ十分です。お金がかからない方法なのでオススメです。

この記事につけられたタグ

  • 病気
  • ストレス
  • スマホ
  • メンタル
  • 不眠症
  • 仕事
  • 会社
  • 睡眠
  • 瞑想

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ