YAZIUP CLUB会員募集中

筆者も経験者。喘息の恐ろしさと成人喘息に関して語ります。

  • 2017/09/07
  • ヘルスケア
  • 31view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 病気
  • 暮らし
  • 生活習慣
  • 病気
  • 病院
  • 身体

子供の病気

子供の病気

喘息と聞くと、大変に苦しい病であるというイメージはありますがいっぽうで子供の発症しやすい病気という考えをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かにデータを見てみると子供の8~14%程度が小児喘息を発症し、成人においては9~10%が成人喘息を発症するという事になっていますから、子供の方が喘息にかかっている比率は高いのですが、皆さんが予想していたほどその比率に差はないのではないでしょうか。

 

症状

自分の呼吸音が耳障りでさらに眠れなくなる

実は筆者も8~9歳の頃小児喘息を発症した経験があります。それまでかなり活発な、今でいうところのガキ大将ともいえる部類の子供だったのですが、小児喘息が発症するや否や、歩く程度の運動量すら体を動かすことで息が苦しくなり、ほぼ二か月間、寝たっきりで毎日点滴を打つという日々が続きました。

症状的には身体を動かすことはもちろん、横になっていても一日中肺や喉に何かが詰まっているとでもいえばいいのか、満足に呼吸ができない状況が続き、睡眠を取る事すらままならない状況でした。喘息患者の特徴的な呼吸音としてぜえぜえ、やぴゅー、と笛が鳴るような音で表現されますがまさにあの通りでして、その自分の呼吸音が耳障りでさらに眠れなくなる、という悪循環でした。

 

成人の喘息

成人の喘息

小児喘息はその多くが思春期の体質の変化によって自然に収まるといわれており、筆者も中学生になる頃には自然に症状が治まっていました。しかしながら成人の喘息はその60%が40~60代になって発症するといわれており、なおかつ小児喘息のように特定のアレルギー物質が見つかりにくく、完治しにくいと言われています。

以下のような症状をお感じの皆様は成人喘息の気がなきにしもあらずですので、いちどご自分でも振り返ってみてください。

痰がからんで出しずらい
咳が長い
朝や夜に激しく咳き込む
夜中に息苦しくなる

他の症状が原因で引き起こされている可能性もありますが、とにかく喘息の苦しさを知る筆者としては、体力も下降線にある成人になって、あの苦しさは耐え難いものがあります。

あのような苦しさを皆さんには味わっていただきたくない、という意味からも今回喘息に関して書かせていただきました。参考にしていただけましたら幸いです。

この記事につけられたタグ

  • 病気
  • 暮らし
  • 生活習慣
  • 病気
  • 病院
  • 身体

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ