記事制作方針ガイドライン

気をつけよう!意外と多い秋の食中毒

  • 2017/09/04
  • ヘルスケア
  • 25view
  • 加藤薩樹
タグ
  • 病気
  • ヘルスケア
  • 予防
  • 雑菌
  • 食中毒

食中毒って夏じゃないの?

食中毒って夏じゃないの?

湿度や気温が高いため食べ物が腐りやすかったり、雑菌が繁殖しやすいのは夏だと思われている人が多いのではないでしょうか。特に梅雨の時期は食中毒に対する意識が高まりやすいのですが、実際には食中毒被害は9月と10月に集中しているのです。

その原因は様々ですが、夏場の疲労により胃腸が疲れ免疫力が低下していたり、「そろそろ大丈夫だろう」と油断して食べ物を冷蔵保存するのを怠ったりする事が背景にあると考えられます。

食中毒の経験がある人はご理解頂けると思うのですが、下痢と嘔吐にまみれる数日間はまさに地獄。仮にO-157のような生命の危機に直結するような食中毒ではなくとも、食中毒被害は絶対に防がなくてはなりません。

今回は、秋だからこそ気をつけるべき食中毒の予防手段をご紹介します。基本的な事ですが、改めておさらい気分で読んでみてくださいね。自分自身はもちろん、家族の健康を守るのもオヤジの大切な役目なのです!

菌をつけない

菌をつけない

人間の手には常在菌と呼ばれるたくさんの雑菌類がうようよ存在しています。手を流水で洗ったとしてもキレイになるのはほんの一時的なもので、すぐさま新しい菌がどんどんわいてくるのです。

ほとんどの常在菌は人間に大きな害を与えるものではないのですが、稀に毒性の強い菌が付着していることもあります。その菌が食べ物につけば…食中毒のリスクが跳ね上がるのは想像に固くないでしょう。

食べ物や食べ物を扱う食器類を扱う際は、「直前に」手を洗うようにしてください。自分では「汚れていない」なんて思っていても間違いなく手は菌で汚染されているのです。

 

菌を増やさない

菌を増やさない

手の菌をいくら落としても、食べ物そのものに始めから付着している菌がどんどん増えてしまっては元も子もありません。食べ物も洗うべき物はきちんと洗うのが基本ですが、それだけでは完全に落とし切るのは難しいと考えるべきです。

そこで重要になるのが「菌を増やさない」という考え方。そのためには冷蔵・冷凍保存が一番です。秋だからといって常温保存は危険です。調理済みの食品も可能な限り冷蔵保存し、すぐに食べないのであれば冷凍庫にぶっこみましょう。ほとんどの菌は10℃以下では繁殖力が弱り、マイナス15℃以下では活動が停止するのです。

 

菌を殺す

菌を殺す

最後に三つ目の予防手段として挙げられるのが、菌を殺すという方法。一番簡単なのは熱消毒で、食べ物の中心部に75℃以上かつ1分以上の熱を加えるのが基本となります。また、調理器具についても次亜塩素酸や熱湯で適宜消毒するようにします。ちなみに、殺菌効果をうたう食器用洗剤もありますがあまり効果を過信しない方が無難です。

 

食中毒を引き起こす菌の種類について

食中毒を引き起こす菌の種類について

「菌」といってもいろいろな種類がいます。最後に簡単に菌の種類や潜伏期間についてまとめてみましょう。

●感染型
O-157、腸炎ビブリオ菌、ウェルシュ菌 等

●毒素型
ボツリヌス菌、黄色ブドウ球菌 等

感染型の菌は早い場合は1日、長いと一週間程の潜伏期間があります。また毒素型の場合は症状が現れるのが早く、口に入って4時間程度で異常を感じ始めます。感染型の場合は原因を特定するのが難しく、また感染範囲も広がりやすい傾向があります。

この記事につけられたタグ

  • 病気
  • ヘルスケア
  • 予防
  • 雑菌
  • 食中毒

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
記事制作方針ガイドライン
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

ロットンダで

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ