記事制作方針ガイドライン

チック症に「ちっくしょう」とかましている場合ではありません

  • 2017/07/21
  • ヘルスケア
  • 44view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 病気
  • ストレス
  • 原因
  • 栄養
  • 病気
  • 病院
  • 食事

チック症とは

チック症とは
若い頃は中年の上司がくしゃみをして「えーい、ちっくしょう」などと聞かされた経験者もいるかもしれません。
実におっさん臭くて「あーはならないように」と思うものです。
そうして自分も中年になってさすがにかつての上司のような振る舞いはしなくなっているでしょう。
それにしても、仕事中に瞼がぴくぴく引きつったりすると内心「ちっくしょう」と思ったりもします。
これはチック症と呼ばれる症状のひとつです。
主に目の周辺の柔らかい筋肉が微妙に震えだして止まらなくなるものです。
酷いと顔全体に及んだりもするようです。
他にも同じ相槌を何度も繰り返すのが癖のようになったりする場合もあります。

・原因
基本的には子どもがかかる病気ですので、大人になってから症状が出ればそれは心因的な要因が考えられています。
人間関係からのストレスが生じた場合に顕著に表れやすいようです。
ストレス原因となる情報を脳内に収める場所に戸惑ってしまうかのように転々と動き回る様子が表情に表れるかのような症状なのです。
顔の柔らかい筋肉の緊張を制御する神経伝達物質がストレスで上手に機能していない事から起こるのです。

 

治療はこうする

治療はこうする
・ストレス解消
原因が心因性の病気であれば、なるべく病院などは避けたいものです。
ストレスから解放させるためには、まず完璧主義を捨て去る事です。
几帳面で真面目な人ほどつまらない事に気を取られているものです。
そろそろ出来ていなくて良い事、手を抜ける事は抜く事を覚えるいいきっかけにするのも良いでしょう。
それがカッコいい中年でもあるのも間違いありません。
これはこうでなくてはならないなどと言うのは思い込みに過ぎないものです。
あらゆる価値観を受け入れるゆとりある中年であるためにも融通を効かせる事を覚えましょう。
いつまでもとにかくきちんとしただけの新人の女の子みたいなオヤジであってはいけないと心するのです。
それには仕事以外に楽しい趣味を見つけて休日はひたすら夢中になるのも効果的でしょう。

・食事で改善
栄養的にはビタミンB群、ビタミンCを補充すると効能があるようです。
ビタミンB群にはB1、B2、ナイアシン、葉酸などがあり、脳の伝達物質の受け渡しを助けてくれます。
卵、納豆、マグロ、バナナなどに多く含まれています。
ビタミンCは耐ストレスビタミンとして知られている通り、ストレスにより減ってしまうものなのです。
レモン、イチゴ、キウイ、ケール、ピーマンなどに多く含まれています。

 

どうにもならなくなったら病院へ

どうにもならなくなったら病院へ
自分でわかると思いますが「これはもうだめだ」と思ったら病院に直行しましょう。
症状が酷かったり長引く場合です。
薬の中でも精神安定剤のような薬療法は特に身体に良いものではありません。
なるべく少量に抑えてもらって、回復基調になったら後は自身の気分転換で一気に回復を目指すくらいに捉えておくのです。
しかし、とりあえず楽にはなりやすいのは他の病気と同じです。

この記事につけられたタグ

  • 病気
  • ストレス
  • 原因
  • 栄養
  • 病気
  • 病院
  • 食事

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ