記事制作方針ガイドライン

コンドームで防げない性病がこんなにも沢山あるなんて…

  • 2017/02/28
  • ヘルスケア
  • 129view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 病気
  • コンドーム
  • セックス
  • セフレ
  • 性病
  • 病院

コンドームは万能ではない

569373505

避妊と性感染症予防のために、セックスの度にコンドームをつけている人も多いかと思います。
しかし、「コンドームをつけているから大丈夫」と安心しきっていませんか?
世の中にはコンドームをつけていても予防できない性病が沢山あるので、特に不特定多数と体の関係を持つのは危険です。

 

梅毒

梅毒の感染経路は皮膚や粘膜の傷です。
キスやオーラルセックスで感染するので「挿れてないからセーフ」とはなりません。
全身に症状が現れ、かつては死に至る恐ろしい病気として恐れられていました。
現在は治療薬があるので重症化するケースが減りましたが、感染力がかなり強く、
梅毒にかかると抵抗力が落ちてHIVにかかりやすくなるため、侮ってはいけません。

 

尖圭コンジローマ

ヒトパピローマウイルスが皮膚や粘膜の傷から体内に入り込むと、カリフラワーや鶏のトサカのような形状のイボができます。
梅毒と同様に小さい傷でも油断は禁物で、相手の皮膚や粘膜に触れて感染します。
このウイルスはイボのない皮膚や粘膜に存在するケースもあるため、コンドームだけで完全に防ぐことはできません。

 

ケジラミ症

155773106

陰毛同士が接触して「ケジラミ」という吸血性昆虫が住み着くことで発生します。
感染すると激しい痒みを伴い、治すにはケジラミが寄生した部分の毛を全て剃るか、専用のシャンプーやパウダーで治療を行います。
毛布やタオルなどの使い回しによって、子供の頭に感染することもあります。

 

B型肝炎

ウイルスは血液や精液、膣分泌液に含まれているため、コンドームで予防することはできますが、小さい傷にウイルスが入り込む可能性もあるので、完全には防げません。
急性肝炎が現れて数か月で治るケースもあれば、慢性化して肝硬変や肝臓がんに悪化する恐れもあります。

 

性器ヘルペス

338612375

性器周辺の炎症や傷からウイルスが侵入することで感染します。
精液や膣分泌液などの体液と水ぶくれにウイルスが潜んでいて、触れるだけで感染することもあります。
コンドームで覆われていない性器周辺や口唇に感染するケースも少なくありません。

 

コンドームで防げる性病は?

コンドームをつけると「エイズ」「淋病」「膣トリコモナス症」「クラミジア感染症」を高確率で防げます。
『高確率』という言葉からもわかるように、あくまでもコンドームは予防にすぎず、100%防げるものではないと思っておきましょう。
精液や膣分泌液に触れたり、コンドームを正しく使っていなかったりといった問題があると、感染する確率が一気に高くなります。

 

「性病かもしれない」と思った時は

447411730

疑わしい症状が現れたらすぐに医療機関で検査を受けましょう。
性病ではないとわかれば安心ですし、性病であっても早く治療を開始すれば完治までのスピードも速いです。
性病にかかったからといって自暴自棄になってはいけません。
放置する期間が長いほど症状は悪化の一途をたどり、安心してセックスできる日が遠のきます。

この記事につけられたタグ

  • 病気
  • コンドーム
  • セックス
  • セフレ
  • 性病
  • 病院

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダブースト

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ