グレープフルーツは高血圧だと食べられない?その理由

  • 2016/09/07
  • ヘルスケア
  • 60view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 病気
  • 健康
  • 病気
  • 食べ物

グレープフルーツと高血圧の関連性って?

386929663

高血圧の人はグレープフルーツを食べてはいけない。
このような噂を聞いたことがある人は、多いのではないでしょうか。
この噂は間違っているというわけでもありませんが正確でもなく、高血圧の人なら誰しもがグレープフルーツを食べてはいけないというわけではありません。
むしろ、食べてはいけないのは高血圧の人の中でも少数派の部類に入ります。

 

 

重要なのは薬との相性!

なぜこのような話が広まったのかというと、高血圧用の薬にはグレープフルーツとの相性が悪いものがあるからです。
それが「高血圧の人はグレープフルーツを食べてはいけない」という風に、一部で少し違った解釈をされてしまったのでしょう。
高血圧用の薬を服用していない人や、また服用をしていてもグレープフルーツとの相性が悪くない薬の場合は特に気にする必要はありません。

 

 

相性が悪い薬って?

328208402

グレープフルーツとの相性が悪いとされている薬は、カルシウム拮抗薬です。
グレープフルーツに含まれているフラノクマリンという成分が、この薬の効果を高め過ぎてしまうのです。
効果を高めるのなら一見良いことのように思いますが、実はそんなことはありません。
高血圧の人に処方される薬なのですから、その効果は血圧を下げることです。
それが効き過ぎてしまうということは血圧を必要以上に下げてしまうことになり、頭痛やふらつきといった症状が現れる可能性があります。
高血圧用の薬は他にも何種類もあるためカルシウム拮抗薬を処方されないことも多いのですが、処方された場合はグレープフルーツの摂取を控えるようにしましょう。
もちろん、グレープフルーツジュースもNGです。
恐らく処方前に薬剤師の方から一言あると思いますが、念のために自分でも注意をしておいた方がいいでしょう。

 

 

グレープフルーツだけではない?

それにしてもなぜ数ある柑橘類の中でグレープフルーツだけ相性が悪いのか・・・不思議に思っている人もいるのではないでしょうか。
実は、カルシウム拮抗薬と相性が悪いのはグレープルフルーツだけではありません。
夏みかんやハッサクも相性が悪く、カルシウム拮抗薬を服用中は食べてはいけないと言われています。
柑橘類の全てがカルシウム拮抗薬と相性が悪いというわけではありませんので、日頃からよく食べている柑橘類がある場合は薬を貰う際に聞いておきましょう。

 

 

薬の種類を確認しよう

298303490

このようにグレープフルーツは高血圧だと食べることが出来ないのではなく、カルシウム拮抗薬を服用している人が食べられないということがわかっていただけたかと思います。
高血圧用の薬でもそれ以外の種類なら問題ありませんので、グレープフルーツが好物だという人は他の薬にして貰えないかどうか医師や薬剤師に相談をしてみてはいかがでしょうか。
またそんな人はそうはいないと思いますが、カルシウム拮抗薬が処方されているのにも関わらず誘惑に負けてグレープフルーツを食べるようなことは絶対にしないように。
血圧が正常化してからのお楽しみにしておきましょう。

参考:高血圧の薬とグレープフルーツは相性が悪い?それ以外はどう?

この記事につけられたタグ

  • 病気
  • 健康
  • 病気
  • 食べ物

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ