介護問題を深刻化させないために入院しないですむケアを

  • 2016/06/16
  • ヘルスケア
  • 81view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 病気
  • 予防
  • 介護
  • 原因
  • 病気
  • 病院
  • 老化

高齢者が入院すると事態が悪化することがある

病気になって在宅での治療が無理であれば入院するしかありません。入院加療が必要な患者を入院させないことは虐待にもつながります。
しかし、高齢者が入院すると悪いことも起きる可能性が生じます。その代表的なものが「せん妄」や「失見当識」です。ここでは「せん妄等」とします。

217858825

経験したことがないとイメージしにくいものですが、入院して数日から十数日で別人であるかのような変化をみせることがあります。
「せん妄等」が進むと、意識がボーっとした感じになったり、幻覚をみたりすることがあります。
そればかりか、いまが何年何月何日の何曜日なのか、何時何分なのかがわからなくなります。さらには、よく知っている人物を忘れてしまうとか、ついさっきまで知人がいたことや会話を交わしたことを憶えていないということも当たり前のように起こり得ます。

認知症の症状に似た様子になると考えればわかりやすいでしょうか。

101520898

 

 

せん妄等の原因は様々あるものの高齢者のリスクが高い

症状としては認知症に似ているものの、せん妄等は多くが一時的なものといえます。認知症を原因として起きる場合もありますが、高齢者ですと環境の変化も要因となりやすいようです。また、身体的疾患や薬が影響することもあります。

入院という環境の変化や薬が原因の場合では、自宅に戻ることや薬をやめること・薬に慣れることで軽快することも多いです。身体的疾患が原因ならその治療が功を奏します。
まるで重度の認知症と間違えるような症状だった入院患者が、退院後しばらくして大幅に回復するケースもあります。

医療機関でも「せん妄等」への対応は考えています。その意味では、必要以上におそれることはないといえます。しかし、せん妄等は必ず回復するというものでもないのです。特に、年齢が高いとか期間が長いとかであれば回復に時間がかかる、回復が見込めない等の喜ばしくない事態も考慮しないといけません。

375645001

では、どうすべきか。入院しなければならない事態になる前に早め早めのケアを心がけます。
入院がきっかけの「せん妄等」が悪化して退院後も回復しないとなると、介護される方もする方も大変なことです。防げるものは防ぎましょう。

この記事につけられたタグ

  • 病気
  • 予防
  • 介護
  • 原因
  • 病気
  • 病院
  • 老化

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ