睡眠薬についてどれだけ知っていますか?

  • 2016/05/22
  • ヘルスケア
  • 123view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 病気
  • 予防
  • 保険
  • 病気
  • 病院
  • 睡眠
  • 薬品

「睡眠薬」と「睡眠改善薬」の違い

168936509

睡眠薬と聞くと怖いイメージがありますよね。依存性があり薬がないと眠れなくなる、あるいは昏睡強盗など犯罪の匂いもします。しかし、脳が休息を欲しているのに興奮して眠れない状態が続くと体全体に悪影響があり、うつ病などの原因にもなります。

よく薬局に「眠れない人向け」の薬が売っているのを見たことがあるかと思います。医師の処方箋がなくても変えるこれらの薬は厳密には睡眠薬ではありません。「睡眠改善薬」と呼ばれるもので睡眠薬のように脳に直接作用して強制的にリセットさせる効果はありません。

風邪薬や花粉症の薬を飲むと眠くなる副作用を利用しているのが睡眠導入薬ですが、はっきり言うと眠れない人には効果がありません。健康な人が眠るのに飲まないよりもまし、程度の効果しかなく体内のアレルギー反応を利用しているため、根本的に脳を休める効果はないのです。

191138960

一方で睡眠薬は医師の処方箋が必要で、脳に直接作用して眠気が起きる前に強制的にリセットさせる効果があります。

 

睡眠薬濫用の危険性は?

131112533

まず睡眠薬をもらうためには精神科に行かなければならないの?という不安がありますよね。敷居は低くなりましたが精神科通院歴は嫌だという人もいるでしょう。

睡眠薬のうち、効果がマイルドなものであれば内科などでの処方が可能です。「精神科専門医」がいない病院は「心療内科」などと名乗っていても精神科ではないので、行って睡眠薬をもらっても精神科通院歴にはなりません。

もう1点。精神科に行ったら大量の睡眠薬を処方されて大変なことになると心配する人もいるかも知れませんが、今は原則2種類までしか処方できなくなっているため大量服用の危険性は減っています。それでも一気に飲んでしまう危険性はありますが、それによって昏睡→死んでしまうということはないようです(お腹を洗浄されますが・・・)。

睡眠薬を2種類飲まないと眠れない状態になる前に、まず医者に相談してもらうと色々と深刻になる前に回復できそうですが、薬ですから素人判断は絶対にダメ!です。

この記事につけられたタグ

  • 病気
  • 予防
  • 保険
  • 病気
  • 病院
  • 睡眠
  • 薬品

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ