春は腰痛シーズン。快適な朝のために寝具をチェック

  • 2016/04/04
  • ヘルスケア
  • 128view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 腰痛
  • 健康管理
  • 季節
  • 睡眠
  • 腰痛

病は気から? いえ、病は気象からですよ

「病は気から」と言われますが、一方で「病は気象から」とも言われますね。気象の変化は、病気や体の故障を招く原因になります。

長い冬を抜けてやっと暖かくなった春は、中でも要注意。花粉症だけでなく、腰痛がぐっと増えるのがこの季節です。

394249501

 

 

春になっても、筋肉は硬いまま。そこで、腰痛が集中攻撃

春に腰痛が増えるのは、気温の変化に原因があります。気温が高くなると、体がよく動くように感じられ、つい速歩になったり中腰で重たいものを持ったりしがち。しかし、実際には体はまだ冬の寒さで硬くなったまま。筋肉が動きについていけず、腰が悲鳴を挙げるのです。

特に、ただでさえ筋肉が硬くなりがちなアラフォー年齢は油断大敵。何事も慎重にいくのが肝心ですよ。

92807329

 

 

治療の絶対的決め手はなし。だから、やっかいな腰痛

腰痛はやっかいな病気で、これという解決法はありません。書店の医学書・健康書のコーナーへ行けば、「いやな腰痛が簡単に解決!」なんて文字が躍っていて、いろいろな対策が紹介されています。読めばどれもこれで難問解決と思わされますが、ちょいと待った。これだけたくさんの本が出て、たくさんの対処法が出ているということは、これだという解決策がないことの証明でもあります。

腰痛持ちの心得第一条――腰痛対策に王道なし。

167111786

 

 

基本中の基本。寝具と寝方のチェックが腰痛を防ぐ第一の対策

ここでも、「治療より予防」という言葉があてはまります。無理な姿勢をしない、過激な運動をしないといったことが挙げられますが、それ以前にチェックしたいのが「寝具」です。毎夜お世話になる寝具と寝方は、腰痛を大きく左右する要因だからです。

特に重要ポイントとなるのが、「寝返り」です。

 

 

寝返りがスムーズに打てる環境を

子どもの寝相が悪いのは、よくご存じでしょう。健康な子は、一晩の間に寝床をほぼ一周すると言われます。これは、子どもたちが日中よく動き回り、筋肉をよくはたらかせていて、その結果血行がよくなるからと言われます。だから、腰痛は、子どもたちにはまず起こりません。

これに対し、大人はそうはいきません。寝返りは血行をよくするために必須の動作ですが、筋肉そのものが硬くなっているために、自由に寝返りを打つことが難しくなっています。

そこで、できるだけ自由に寝返りが打てるような睡眠環境を整えることが大切になってきます。

358646807

 

 

スムーズな寝返りのために、枕と寝床を重点的にチェック

最重要ポイントは、次の2つ。

1)枕:チェックポイントは、枕の高さ。自分の肩の厚み程度というのが理想です。高すぎる枕、低すぎる枕は、頭を転がしにくくなるために寝返りをさまたげます。

2)寝床(マット):一般に「硬い寝床がいい」と言われますが、程度問題。硬すぎると腰や肩に負担がかかり、自由な動きができにくくなります。反対に、やわらかすぎると腰が沈み込んで腰に負担がかかり、腰痛に直結します。右へ左へとスムーズに転がれる程度の固さが理想です。

336378482

 

 

最近は、健康管理士の資格を持つスタッフがいる寝具店も増えてきました。

腰痛が不安なら、専門店でじっくり相談してみるのも一案かも。

この記事につけられたタグ

  • 腰痛
  • 健康管理
  • 季節
  • 睡眠
  • 腰痛

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ