腰痛について考える 一度なると永く付き合う 肉体的病

  • 2015/12/18
  • ヘルスケア
  • 172view
  • YAZIUP運営
タグ

本当につらい

腰痛も、肩こり同様なったことが無い人はその苦しみは解らないし、なったことがある人でも軽く終わる人も居るなどその人の置かれた状況に応じて症状も様々です。

 

 

腰痛の原因は?

94983727
腰痛については、デスクワークを行っている人も、立ち仕事をしている人も誰でもある日なってしまう可能性があります。腰痛を呼んでしまうか呼んでしまわないかは普段の生活が物言うようです。

まずは、どのような事を繰り返したら腰痛になりやすい環境が出来てしまうのでしょうか?まずは前傾姿勢、人間の背骨は少し前傾している訳ですが、普段の姿勢が悪いとその積み重ねで腰痛を発症してしまうのです。

姿勢の件はどうしても普段からその姿勢の方が物が見やすいとか、作業しやすいなどの事があり、解っていても治しにくいそれが答えのようです。つまり姿勢が悪いとそれを支えている腰に負担を掛けているようです。

この他では、重いものを日常的に持つ仕事や肥満体系の方、長時間座っている仕事を行う人などこれだけを見ても誰でも腰痛になる可能性はあります。腰痛になる前に自身で良くない習慣を修正しましょう

 

 

もし腰痛になってしまったら

125580992
腰痛はいきなり、激痛になるのではなく少しずつ痛みを感じるようになってここの所
腰が痛いなそう感じて腰痛であることを認識する訳です。腰が痛いと思ったなら寝て安静を保つことこの時点なら休日に寝て安静を保つように心がけてください。

またこの時点で無理をすると、より一層悪化してしまいます。その後は患部を冷やす腰の痛い部分つまり炎症している部分を冷やして痛みが惹くのを待ちましょう。その後はコルセットを利用し腰を動かないように固定し痛みを和らげていきましょう

痛みが治まったなら少しずつ動かし始めます。この時炎症が治まったので思い切り動かしてしまうとまた痛みが再発して、寝込む事になりもっと酷い状態へと陥っていきます。なので相当慎重な見極めが必要です。

 

 

医療機関にかかる時

105334769
殆どの腰痛は、安静にしていれば、大抵は治ってしまいます。このような状態であれば湿布薬や、安静にして横になり痛みが退けば医療機関に掛かる必要はないと判断してもよいと思います。
問題なのは、動くにも困ってしまうような痛みが長く続いて、安静にしても改善がない場合は医療機関に掛かります。その時は整骨院か?整形外科のどちらかを選択する事になります。
意外な病気が隠れていることもあるので、単なる腰痛などと思わずに迷わず受診しましょう。内臓系の病気の呼び水としての腰痛というケースもあるので痛みがしつこい場合は早めに受診してください。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ