急な腰痛で困らないように、腰痛にならない座り方!

  • 2016/06/07
  • ヘルスケア
  • 92view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 腰痛
  • 原因
  • 生活
  • 生活の知恵
  • 生活習慣
  • 腰痛

腰痛の原因は2種類

49389323

腰痛の原因はいろいろありますが、基本は2種類、突然腰へ負荷をかける、そして慢性的に腰に負荷をかけることです。
例えば重たいものを持ちあげようとしたり、高いところから飛び降りたりすれば、腰痛になります。また、日常的に変な姿勢で椅子へ腰を下ろしていると次第に腰の筋肉が固まってしまい、ある日突然、限界迎えて腰痛になります。
そうならないためには、日ごろからのストレッチをしたりすることが大切になります。
ただ、ストレッチ方法も間違っていたら、例えば腰をひねるようなストレッチ方法ですと腰を痛めてしまいます。腰をひねるストレッチなどはプロの指導者の下でおこなわないと、前述の突然の腰への負荷になります。

 

腰を痛める座り方

339529859

腰を痛める座り方を知りましょう。
腰を痛める座り方は、足を組んで座ることです。足を組んで座ると重心が左右どちらかに傾いてしまいます。本来、人間の体は左右対称が理想的なので、無意識に足を組んで座る癖がある方は、体がゆがんでいる可能性があります。
また、前かがみになって座る癖のある人も腰痛になりやすいでしょう。前かがみになるとてこの原理で背筋を伸ばして座ったときと比較して腰にかかる負荷は3倍以上だそうです。
最後に、頬杖をする癖のある方も腰を痛めやすい座り方といえます。頬杖は腰や首に大きな負荷をかけるうえ、体がねじれますので、骨盤がゆがみ腰痛になります。

 

腰を痛めない座り方!

349958216

では、腰を痛めない座り方ですが、両足をしっかりと地面につける座り方です。スマートではありませんが、足を組む癖のある人は、両足をしっかりと地面につけての座り方を心がけるようにしましょう。
また、骨盤を立てる座り方なのですが、簡単に言ってしまえば、両手を組み手のひらを上に向けて思いっきり上に伸びをします。それで手だけを元に戻せば、骨盤の立った座り方になります。
最後に、顎を前に出さないように座ることを意識します。顎が前に出ると、自然に猫背になってしまうので注意が必要です。
そして、こまめに休憩をとり、腰の筋肉が硬直しないようにして、日ごろから筋肉を鍛えるのに合わせストレッチをすることで、腰痛になるリスクを下げることが出来ます。

参照:腰痛にならない座り方って? 知っておくべき3つのポイント

この記事につけられたタグ

  • 腰痛
  • 原因
  • 生活
  • 生活の知恵
  • 生活習慣
  • 腰痛

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ