格好良くなりたいのならビタミンCを摂りなさい

  • 2016/05/06
  • ヘルスケア
  • 135view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 健康促進
  • サプリメント
  • スキンケア
  • ビタミン
  • 健康管理
  • 栄養価
  • 生活習慣

ビタミンCの効果

115161313

世の中には様々な健康食品が存在します。一時的にブームになって消え去ってしまったものとかは数知れず、本当に身体に有効な健康食品は何なのかわからなくなってしまいますね。そんな中で筆者がおススメするのはビタミンCです。「な~んだ」と思うなかれ。実はビタミンCはいつまでも若々しい外見を維持するのに非常に有効な成分なのです。

ビタミンCの効果の中で若々しい外見を保つことに関係がありそうな機能は一般的に以下のようなものがあげられます。

 

①強力な抗酸化作用:抗酸化とはいわゆる身体が錆びつくことを防ぐ作用です。年齢とともに機能が低下してくる身体の中の様々な機能の衰えを、細胞レベルで抑えるという非常に強力な抗酸化作用をビタミンCは備えています。

 

②肌にハリを与える:ビタミンCは肌のハリやシワに重要な関係を持つ、コラーゲンやエラスチンといった成分の体内での生成を促す作用があります。いくら身体の外からコラーゲンなどを摂取しても、身体の中で生成されなければ効果としてはあまり期待できないわけでして、そういった意味ではビタミンCは身体の中から肌にハリをもたらす機能を持っているといえます。

 

③毛穴の開きを抑え、皮脂の分泌を抑える。:嫌われるオヤジの典型として脂ギラギラギトギト顔があげられますが、これは加齢に伴うホルモンバランスの崩れによって皮脂の分泌が活発になり、尚且つ肌の弛みで開いてしまった毛穴から大量に皮脂が排出されることが原因です。ビタミンCはこのようなホルモンのバランスを整え、過剰な皮脂の分泌を抑えて、開いた毛穴を小さくする効果があります。

 

 

摂取量は?

55412071

厚生労働省が推奨している1日のビタミンCの摂取量の目安は100mgといわれています。ちなみに上限の指定はありません。しかしながら100mg程度では人体の生命維持に必要な内臓に優先的にビタミンCが吸収されてしまい、肌など外見を維持するための部位にはビタミンCがほとんど回って来ません。では、どれくらい摂取すれば肌にまでビタミンCが行き渡るのでしょうか。これは筆者がある有名な美容皮膚科の先生から直接聞いたことなのですが、おおよそ400mgなのだそうです。しかし一気にあまり多くを摂取しても、ほとんどが尿として体外に排出されてしまうため、1回100mgづつを4回に分けて摂取するのが体内に効率的にビタミンCを摂るコツだとのことです。

以上、参考にしていただけましたら幸いです。

この記事につけられたタグ

  • 健康促進
  • サプリメント
  • スキンケア
  • ビタミン
  • 健康管理
  • 栄養価
  • 生活習慣

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ