不眠症を改善!よく眠れる人に学ぶ3つの熟睡のコツ

  • 2016/02/07
  • ヘルスケア
  • 176view
  • YAZIUP運営
タグ

早めに改善したい

仕事が忙しかったり、精神的に疲れてしまったりすると、人間は不眠症になります。
中には「ここ最近全然熟睡できていない」という方も多いのではないでしょうか。
不眠症にも色々とあり、断続的に起きてしまうものや寝つきが悪いものなど、種類も豊富です。

しかし、共通しているのは不眠症になる人は身体的・精神的に悪影響が出ているという点です。
これに気付かず、もしくは気づいているのに無視して活動を続けていると、病気になってしまう確率も高くなってしまいます。

最悪の場合は、うつ病などになってしまう可能性もあるので、睡眠はしっかりとれるようになることが重要です。

 

 

太陽の光を朝・日中に浴びること

247427473

人間の生活と太陽はとても密接に関係しています。
実は太陽を浴びることによって、人間はセロトニンを生み出し、夜にはメラトニンという成分を分泌するようになります。

このメラトニンがいわゆる眠気を促進させてくれる成分なのです。
近年は車で会社に行き、そのまま夜に帰宅するという方も多いです。
つまり、太陽光をしっかり浴びられていないということとなります。

そうなると身体のリズムが狂ってしまい、夜になっても眠れなくなってしまうわけです。
メラトニンを夜に分泌させるためには、朝や日中にしっかりと太陽光を浴びることです。
出来ることなら間接的にではなく、直接太陽光に当たるようにしましょう。
気分も良くなり、不眠症も解消される可能性が高くなります。

 

 

適度に身体を疲れさせること

171835172

「毎日仕事をしてくたくただよ」という方も多いかもしれませんが、精神的な疲れよりも肉体的な疲れの方が、気持ち良い睡眠を促進してくれます。
中にはデスクワークばかりで、身体は疲れていないのに精神的に疲れているという方も多いのではないでしょうか。

そういった場合は、身体が「まだ活動できる」と勘違いしてしまって、夜になっても眠くならないという状況になることがあります。
仕事をしていると運動不足になるので、定期的な運動を取り入れるだけでも改善できます。

また、基本的に身体を動かすと身体の循環が良くなり、精神的にも豊かな気持ちになります。
それが心の疲れを癒し、心地良い眠りを誘発してくれるのです。

 

 

睡眠のリズムを整えること

229267837

睡眠のリズムが崩れてしまっている方は、不眠症になりやすいです。
例えば、朝5時に起きる日もあれば、7時に起きる日もあり、土日などは12時まで眠っているという方もいます。

こういった方は、睡眠のリズムが狂ってしまっていて、身体もどのリズムが身体にとって最適なのか混乱している状態となってしまいます。
基本的には朝一定の時間で起きて、夜も決まった時間で眠るようにすれば、自然と不眠症が解消されていきます。

人間本来の生活は太陽が昇れば起床し、太陽が沈めば就寝するというものです。
それに合わせて行動するようにすれば、不眠症に悩まされることも少なくなるでしょう。

睡眠で悩まされる現代人が多くなっているのには、色々な理由があります。
快適な睡眠を手に入れて、毎日活き活きと生活してみるのはいかがでしょうか。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ