YAZIUP CLUB会員募集中

視力は0.7で徹底抗戦するべし

  • 2017/10/18
  • ヘルスケア
  • 69view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 健康促進
  • メガネ
  • 健康
  • 健康促進
  • 健康管理
  • 眼精疲労

まだまだ視力は衰える

まだまだ視力は衰える

昨今、当たり前の生活必需品とでなっているかのようなパソコンに目を奪われているうちに訪れるのが近視です。
今ではさらにスマホの便利さに釣られて四六時中、目を酷使している人も多数です。
これではすっかりオヤジになって視力も固まってしまっているかと思っていても、さらに視力が衰えたりもしてしまうのです。
最初はドライアイの症状くらいなのですが、ある日、テレビの文字が見えにくくなったりして気付き始めるものです。
視力が衰えるとメガネを作り直したりする必要に迫られる場合もあり、思わぬ経費の負担となります。

・免許更新はポイント
自動車免許の更新が出来なかったりするとちょっと焦ってしまうでしょう。
その基準は両目視力0.7以上なのです。
思いのほか優しい基準ではありますが、その日の目の調子次第では引っかかりかねないくらいに衰えているかもしれないのです。
与えられた更新期間内に再検査をして合格すればまだしも、期限間近に更新手続きをして落ちた場合は最悪、免許の取り直しをしなければいけなくなるのです。

・運動能力も0.7を下回ると落ちる
スポーツ選手も視力が概ね0.7を下回ると身体の動きに切れ味が無くなると言われてます。
はっきり見えない事から運動神経の働きが慎重になってしまうのです。
一般人には関係無さそうですが、やはり腰が重くなったりと日常生活に微妙な差し障りが出てくるのです。

 

人間の目は遠くを見るためのもの

人間の目は遠くを見るためのもの

そもそも人類は長い歴史の中で遠くにいる獲物を発見するために視力は考えられないほど良かったのです。
今でもアフリカでは驚くべき視力の人たちがたくさんいるところにその名残もあります。
しかし現代人でも長い進化の過程で目の構造的には遠い物に焦点が合いやすく出来上がっています。
つまり自然に力を抜いていればそれだけで遠くに焦点が定まる様になっているのです。
それなのに近くばかりを見せられると、目はレンズの厚さを無理して厚くしないといけないので目にとってはつらい事であるのです。

 

効果的な視力低下の予防法改善法

効果的な視力低下の予防法改善法

・時間を気にする
1時間に1回は必ず休憩を入れてじっくり遠くに焦点を合わせます。
これは割と知られてはいますが、実際は仕事に夢中になっていてなかなか出来ていなかったりします。
そこで目に付く場所に時計を置いておく事です。
パソコンのトップ画面に時計を表示させるのも一つの手段でしょう。
休憩と言ってもそんなには休めないかもしれませんが、極力長めに取ろうとしてみましょう。

・遠くを見る習慣
まず朝、起きたらすぐに可能な限り遠くの景色を眺めるようにしましょう。
住宅密集地などであれば空でもかまいません。
空の向こうにある星を想像してみるだけでも目の焦点が遠くにリセットされるのです。
そして通勤中も電車やバスから外の景色の変化を楽しむようにしましょう。
遠くにある小さな物を発見すると言う目の本来の機能を引き出す事は目には嬉しい事なのです。
寝る前には月の灯りと星の数などチェックするのも良い習慣です。

この記事につけられたタグ

  • 健康促進
  • メガネ
  • 健康
  • 健康促進
  • 健康管理
  • 眼精疲労

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ