YAZIUP CLUB会員募集中

オヤジ必読!医薬品によって起こる必須栄養素の枯渇を解説!

  • 2017/10/06
  • ヘルスケア
  • 33view
  • 加藤薩樹
タグ

歳取るとどうしても薬がね…

薬によって引き起こされる栄養素の枯渇について解説

加齢とともにどうしても体を襲ってくる不調の波。これまでの不摂生が積もり積もって何らかの薬が手放せなくなってしまった…というオヤジも多いと思います。

最近は医学の進歩により、薬の服用だけで様々な病気の進行を食い止めることができるようになっています。特に生活習慣病などにはそういった面が顕著ですね。

ただ、薬を常飲していると体内の栄養バランスが崩れてしまい別の病気を発症してしまうリスクが高まるのです。医薬品という物は効果が強ければ強いほど同時に副作用も強まります。

今回は、皆さんにとって馴染みのある薬と、その薬によって引き起こされる栄養素の枯渇について解説していきます。もし心当たりある方は、不足している可能性の高い栄養素を積極的に摂ることによって栄養バランスを良好な状態へと戻すことが出来るかもしれませんよ。

 

胃薬の常飲は危険だった!

胃薬の常飲は危険

胃酸によって胃が荒れ、体調を崩すオヤジは非常に多いですよね。この胃酸の過剰分泌を抑えるために飲むのが胃酸分泌抑制剤です。この薬にはよくCMでも見る「H2ブロッカー」やプロトンポンプ阻害薬が該当します。

胃酸というのは細菌が腸管にまで進むのを防いだり、栄養素を吸収できる形へと分解するために分泌されるものですから、胃酸分泌抑制剤を長期間服用し続けると体が栄養を十分に吸収することができなくなってしまうのです。

では、以下に枯渇しがちな栄養素を列挙しましょう。
・カルシウム
・マグネシウム
・鉄分
・亜鉛
・ビタミンD

主にミネラル系の栄養の吸収に悪影響を及ぼすことが分かります。H2ブロッカーなどは薬局でも普通に売られているためずっと飲み続けている人も多いようですが、そういった人は特に上記の栄養素をサプリメント等で補強する必要があるのです。

 

糖尿病治療薬とコレステロール低下薬の弊害とは?

糖尿病治療薬とコレステロール低下薬の弊害

日本人の国民病とも言える糖尿病、そして高コレステロール問題ですが、これらの病気の改善薬を服用していると共通して枯渇してしまう栄養素があります。

それがコエンザイムQ10です。アンチエイジング系サプリとしても有名なコエンザイムQ10ですが、細胞の中でエネルギーを産生する際にどうしても必要となる重要な存在です。コエンザイムQ10以外にもビタミンDや、ビタミンB12が不足してしまいます。これらのレベルについて不安な方は医師に相談すべきですし、サプリメントから積極的に摂取するのが賢明と言えます。

 

降圧剤を飲むと枯渇する栄養素

降圧剤を飲むと枯渇する栄養素

血圧を下げるための利尿剤を常飲している人にも危険は迫っています。排尿が頻繁になるという事は、それにあわせてカルシウムやマグネシウム、カリウム、ビタミンC、ビタミンB6が大量に体外へと排出されてしまうからです。

これらの栄養素はマルチビタミン&ミネラルの錠剤で簡単に補うことができます。欠乏状態が長く続くと専門的な治療が必要な重篤な疾患に見舞われかねません。早め早めの対処を心がけるべきでしょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ