YAZIUP CLUB会員募集中

モイストヒーリングを実践してみた

  • 2017/10/01
  • ヘルスケア
  • 17view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 健康促進
  • ケガ
  • 健康
  • 健康促進
  • 暮らし
  • 生活習慣

キズパワーパッドを知っていますか?

オヤジになっても生傷が絶えない人もいるでしょうが、大人はそんなにケガをしないものです。そのかわり、ちょっとした擦り傷や切り傷がなかなか治らないなんてことがあります。外傷を負ったときは、流水で患部をきれいに洗い流すことが第一であることは間違いありません。汚れや異物が残っていると治りが悪くなりますし、ばい菌が付着していると感染症になるかも知れません。もし、破傷風菌でも入った日にはかなり経過してから重篤な状態になるおそれまであります。
キズパワーパッドを知っていますか?

少しでも厄介な傷だと思ったら、まずは病院へ行きましょう。そこまでの受傷ではない場合は、自力で治すことになります。従来の常識では、洗った後は水分をふき取って放置するか、消毒薬のついた絆創膏を貼るくらいが定番でした。しかし、いまは違います。時代はモイストヒーリングです。

代表的なモイストヒーリングのアイテムがバンドエイドのキズパワーパッドです。キズパワーパッドは、パッドで傷口をふさぎ、受傷部位からにじみ出る皮膚再生のための体液を取り込んで湿潤効果で治癒を促進させるものです。同様の製品が数社から発売されています。

一枚あたり100円内外することもあるだけに、従来の絆創膏の価格とは比較にならないコストですが、それだけの効果が期待できます。

 

強力な粘着力で保護効果も十分

キズパワーパッドは、普通の絆創膏よりも強い粘着力を持つため、ピタッと貼り付いて隙間もできにくくなっています。というのも、パッド自体に殺菌力や消毒力がないため、外部から異物が入っては困るのです。その意味でも、従来の絆創膏より傷口保護に役立ちます。少し高めの防水絆創膏でも結構保護に役立ちますが、パッドほど簡単には貼れません。
強力な粘着力で保護効果も十分

さて、キズパワーパッドが体液を取り込むと白く盛り上がりができます。本当に隆起してくるので最初は感動してしまいます。さらに、受傷部位の近くで傷があるとは思っていなかったところまで白く隆起していたのには驚きました。自分が気付いていない傷まで治してくれています。普通の絆創膏なら、そこまではカバーしていなかったでしょう。漏れのないように大き目のパッドを選ぶキズパワーパッドならではの出来事です。

キズパワーパッドを頻繁に交換すると、せっかく再生してきた薄い皮膚ごと剥がれるおそれがあります。そのため、1日から2日は貼ったままにしたほうが良いでしょう。但し、白い部分が縁まできているとか、白が濁ってきたと感じたら交換しましょう。薄皮ができるまでは、剥がしては患部を流水で洗い、新しいパッドを貼る繰り返しです。

薄皮が貼ったように見えるけど、露出させていると破れるのではないかとか、実はまだ再生していないのではないかとか、不安に思う人は少なくないようです。自分もそうです。そこで、自己責任で治療を続行することにしました。考えてみれば、傷が塞がったところに貼ったからといって、直ちに影響があるわけではないでしょう。そうでなければ、傷の周辺がエライことになってしまいます。
キズパワーパッドが体液を取り込むと白く盛り上がりができる

今回は、受傷した2日後から1週間使ったので枚数は4枚でした。本来は受傷直後の使用が推奨されており、翌日以降からの使用は避けるべきとされています。治癒したところは、綺麗な平坦になっており、モイストヒーリングの威力を思い知ったのでした。但し、使用する際は注意書きをよく読んでください。

この記事につけられたタグ

  • 健康促進
  • ケガ
  • 健康
  • 健康促進
  • 暮らし
  • 生活習慣

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ