YAZIUP CLUB会員募集中

ドライアイは放置せず、まずはこれで対策を!

  • 2017/09/24
  • ヘルスケア
  • 23view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 健康促進
  • ケア
  • サプリメント
  • 健康
  • 健康促進
  • 生活習慣

目のトラブル 感じていませんか?

目のトラブル 感じていませんか?

慢性的に感じる目の疲れ、もう歳も歳だし…と諦めていませんか?目の疲れや不調の原因はそのほとんどがドライアイによるものです。前日に極端に寝不足だったり、雑菌による物もらいである場合を除くと、目の不快感の原因はそのほとんどが「乾き目」なんですね。

このドライアイはその名の通り、目の表面が乾燥している状態を指します。目の表面にある油分と水分は眼球の動きやまぶたの開閉をスムーズにするためのものですから、乾いていれば当然不快感を覚えるわけです。

ドライアイの原因は病的なケースを除くと「加齢」と「環境」にあると言えます。年齢が進むにつれて涙の分泌量は低下してしまいます。また、空調のきいた低湿度環境にずっといると、ただでさえ少ない目の表面の水分がどんどん乾燥してしまうわけです。

目が乾いた状態がずっと続くと表面に傷が入り視力低下を招く原因となります。また、感染症を引き起こすリスクも高まってしまうのです。

今回は意外と恐ろしいドライアイの改善方法を、複数の観点からご紹介していきましょう。

 

ドライアイに効く!3つの方法

ドライアイに効く!3つの方法

ドライアイの原因は涙の分泌量の低下にあるわけですから、その解決方法は大きく分けて3つになります。

①涙の代わりとなる水分を目に与える
②涙の分泌量を増やす
③目が乾かないようにする

この①~③までの対策を総合的に実施することでドライアイの症状を軽減し、目を守る効果が得られるわけです。

①の「涙の代わりとなる水分」とはやはり目薬のことです。薬局にはたくさんの種類が置いてありますが、ドライアイ対策として使う場合は眠気覚ましとは違い、刺激の弱い物を選びましょう。また、防腐剤が使われている目薬は絶対にNGです。防腐剤が目の表面にダメージを与えてしまいます。

②の「涙の量を増やす」ためにはまばたきの回数を増やすのが効果的ですが、なかなか意識し続けるのは難しいですよね。そこで「オメガ3」と「ラクトフェリン」という二つの成分(サプリメント)オススメします。オメガ3は良質の脂質でサバやイワシに含まれるDHAやEPAが有名ですね。またラクトフェリンは牛乳や母乳に含まれている成分で近年では腸内環境改善や免疫機能向上といった観点から注目を集めています。

③の「目の乾きを防ぐ」ためにはエアコンの風を直接顔にあてないようにしたり、パソコンやスマホの画面を長時間凝視しないよう注意する事が効果的です。寒い時期であればそもそも空気が感想していますから、加湿器を使用するのも非常に良い方法と言えますね。

 

目の乾きが極端に酷い場合は…

目の乾きが極端に酷い場合は…

ちょっと目が乾いてシバシバする、なんてレベルではなく四六時中目薬を注していないと痛みを感じる。そんな極端に酷いドライアイの場合は「シェーグレン症候群」という病気に罹っている可能性があります。

シェーグレン症候群は免疫系の異常が原因で、涙腺が破壊されてしまう(破壊してしまう)ことによって重度のドライアイが生じます。シェーグレン症候群では同時に唾液腺も破壊されるケースが多いことから喉や口内の乾きも感じる場合はすぐに眼科へ行って診断してもらいましょう。

何れにせよ眼球とは非常に繊細な器官です。雑に扱えば傷が入りトラブルの原因となります。若く回復力の高い頃はよいのですが、オヤジ世代以降の人に関しては、目は丁寧に丁寧に優しく扱ってあげる必要があります。

この記事につけられたタグ

  • 健康促進
  • ケア
  • サプリメント
  • 健康
  • 健康促進
  • 生活習慣

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ