YAZIUP CLUB会員募集中

長く生きられても健康じゃなきゃ楽しめない

  • 2017/09/06
  • ヘルスケア
  • 35view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 健康促進
  • ヘルスケア
  • 健康
  • 健康促進
  • 健康管理
  • 病気
  • 病院

平均寿命と健康寿命の違い

平均寿命と健康寿命の違い

日本人の平均寿命は男性で約81歳、女性で約87歳ですが、健康寿命(健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間)はそれより10年ほど短く、男性であれば70歳、女性であれば73歳を超えたあたりから、生活に何かしらの制限がかかる可能性があります。

今では定年退職をした後も5年、10年と働かれる人もいますが、これと健康寿命を重ねると生活に支障なく体を動かせる間は、働き続けている人がいるとも考えられます。一方で、生活が制限される期間も10年ほどあるので、この期間を少しでも短くする工夫が大切です。

 

骨と筋肉を鍛える方法

骨と筋肉を鍛える方法

健康寿命を延ばすには、40代からの心がけが大切です。40~50代であれば、単純に体を鍛えるだけでも、だいぶ変わります。ただし、無理をして体を痛めないようにしましょう。そして、60代に入ったら思うように体が動かない、足が上がらないということもあるので、体を鍛えるというよりは関節を伸ばすような動きを無理のない範囲で行いましょう。

また、骨を作る食事も大切です。カルシウムやカルシウムの吸収を助けるビタミンD、カルシウムの働きを助けるビタミンKの摂取を意識することで、骨は作られていきます。ビタミンDは食事で摂るだけではなく、日光浴をすることでも作られるため、食事においてはさほど意識する必要がないといった話しを聞いたことのある方もいるかと思いますが、日焼け止めを使っている人であれば、その効果は期待できないので、やはり食事で摂ることをお勧めします。

 

積極的にしたい定期的な健康チェック

積極的にしたい定期的な健康チェック

すでに活動量計を利用して健康管理をしている方もたくさんいらっしゃいますが、今後はIoT(Internet of Things)によって、行政主導で健康管理の新しい手段が生まれるかもしれません。これまでは定期的な健康チェックといえば、年に一度の健康診断が主流だったかと思いますが、今後は毎日の健康チェックが主流になる時代に移り変わります。

年齢を重ねると、このような新しいモノに対する抵抗感やめんどくささも出てきますが、健康チェックは健康寿命を伸ばし、医療費の削減にも役に立つはずですので、このようなモノも楽しんで取り入れられると良いかもしれません。

 

病気の早期発見と治療に対する考え

定期的な健康チェックの先には、病気の早期発見があります

定期的な健康チェックの先には、病気の早期発見があります。病気の状態が悪くなく、体力もあるうちに治療すれば、健康寿命を縮めることは少ないかと思います。ただし、病気の状態が軽くても、体力がなければ治療後の生活に心配が残りますし、体力があっても病気の状態が悪ければ、治療は困難となるでしょう。

年を重ねると、病院に行きたがらない人や治療を諦めてしまう人もいますが、健康的に生活できる日を1日でも長く伸ばすことを考えれば、治療をしないことがベストではありません。治療しないことで健康寿命を縮めてしまうことにもなるので、まずは医師の診断を仰ぐことが大切かと思います。

この記事につけられたタグ

  • 健康促進
  • ヘルスケア
  • 健康
  • 健康促進
  • 健康管理
  • 病気
  • 病院

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ