YAZIUP CLUB会員募集中

認知症にならないために○○で防げます!

  • 2017/09/04
  • ヘルスケア
  • 62view
  • 加藤薩樹
タグ
  • 健康促進
  • サプリメント
  • 健康
  • 健康管理
  • 家族
  • 病気
  • 痴呆
  • 老化
  • 老後
  • 運動

なってからでは遅い!認知症は予防できる!

なってからでは遅い!認知症は予防できる!

自分が認知症になった時のこと、貴方はリアルに想像できますか?少しずつ記憶が崩れ、現実が非現実化していく感覚。想像するだけでも恐ろしいと感じるのではないでしょうか。もちろん筆者も同様です。

歳を重ねるに従って少しずつ我々を襲ってくるこの恐怖に対し、今のうちから少しずつ手を打っておくのは決しておかしなことではありません。むしろ、自分のためだけではなく、家族に対しても責任ある行動として評価されるべきでしょう。

今回は認知症を防ぐ効果のある簡単な運動や、新しく開発が進むサプリメントについてご紹介します。

 

運動が何よりも重要

運動が何よりも重要

一般的には認知症予防や改善には「長時間筋肉に負担を掛けずに行える有酸素運動が良い」とされています。しかし、ここでは敢えてこの論に異を唱えさせて頂きたいと思うのです。

有酸素運動を決して否定するわけではありませんが、筋肉に負担を掛けずに行う運動というのは言い方を変えれば「筋肉の発達が起こらない運動」という事になります。

筋肉が発達しなければ足腰はどんどん弱り、やがて歩くことすら出来なくなります。つまりは寝たきり状態ですね。

寝たきりというのは最も認知症の発症率が高まる状態です。見るもの聞くもの触れるもの、全てにおいて変化が乏しいため脳に刺激が与えられないからです。

筆者が高齢者に対し運動のアドバイスをする時には必ずこう言います。「痛みが無い範囲で可能な限り『無理してください』」と。

中には一瞬驚かれる方もいます。「え?!無理するんですか?!」と。

でもこれは当然なんです。人間の肉体には環境順応性というものが備わっており、無理と感じる環境に適応しようとするからこそ体が発達するのです。これは何歳になっても同じです。

走れる人は走る。これが基本です。走れるのに歩いていてはそのうち走ることはできなくなります。しかし、少し無理目なペースで走り続けていれば更なる成長すら見込めるのです。そしてこれは筋トレでも同様です。筆者は年齢に関係なく健康な方にはスクワットや腕立て伏せを実施するようにアドバイスしています。

体を思ったように動かせること。そして実際に動かしていること。これは認知症予防にとても効果的なのです。

 

認知症に効くサプリについて

認知症に効くサプリについて

続いてサプリメントについてです。脳のコンディションを良くするサプリを継続的に飲むことで認知症予防にも一定の効果があると考えられています。

脳に効く成分としては「ホスファチジルセリン」が最も有名です。ホスファチジルセリンは脳の神経伝達物質に関連する成分で、認知力や記憶力の向上といった効果がある他、子供の多動性障害や注意力欠陥の改善にも良い影響があると考えられています。

ホスファチジルセリンは高齢者においても高い安全性が確認されているため副作用をほとんど気にすることなく服用できます。実際に米国ではサプリメントとして数多くの製品が販売されています。値段も決して高いわけではありませんので、日本のテレビ通販でよくみる高齢者向けの胡散臭いサプリメントを買うよりは遥かに有意義だと思われます。

 

変化と刺激に富んだ人生を歩むべし

変化と刺激に富んだ人生を歩むべし

認知症に関する研究は未だ途上段階にある事は事実です。完璧に全ての人の認知症発症を予防することは残念ながら現実点では不可能といってよいでしょう。

しかし、それでも様々な研究結果から認知症リスクを下げる方法は明らかとなっています。

ここまで、体を動かし続けることの重要性や、脳の働きを改善したり活発化する効果のあるサプリメントについて解説してきました。しかし、認知症予防に一番重要なのは「常にワクワクやドキドキに溢れた人生を送る」ことなのです。純粋かつポジティブな感情に勝るクスリはありません。常に数日先、数ヶ月先の具体的な予定に胸を躍らせていられれば、脳の神経網に衰退する間を与えずに済むというわけです。

そのためにもやはり運動は大切ですね。体が動かなくなってしまえばどこかに出かける予定もままなりません。

健康である事は豊かな人生を送るための必要最低条件です。健康はお金よりもずっとずっと大切なものです。我々オヤジ世代はいよいよ本格的に人生後半戦に向けての健康増進を真剣に考え始めなければならない段階にあります。

というわけで、まずは「脳」のために。何か一つでも良い習慣を身に付けてみましょう。

この記事につけられたタグ

  • 健康促進
  • サプリメント
  • 健康
  • 健康管理
  • 家族
  • 病気
  • 痴呆
  • 老化
  • 老後
  • 運動

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ