YAZIUP CLUB会員募集中

ついにインフルエンザはただの風邪なみになる日が来る?!インフルエンザの画期的治療薬が2018年日本発売!

  • 2017/07/31
  • ヘルスケア
  • 55view
  • YAZIUP運営
タグ

辛い

辛いインフルエンザの症状

インフルエンザ、辛いですよね。一度罹患してしまうと、最低でも38度以上の熱は出ますので身体は辛いですし、一週間くらいは会社を休まなければなりません。まあ、タイミングによっては「ラッキー」なんてほくそ笑む方もいらっしゃるかもしれませんが、大切な業務を抱えているときなどは、「何でこんな時に!」と思ったことのある方も、こちらをお読みになっていらしゃる方々の中には多いのではないでしょうか。

さらに自分自身だけでなく、お子様などがインフルエンザにかかってしまって、何日間もウンウン、熱にうなされている姿を見るものは本当に辛いものです。むしろ、自分のときより、こういうときのほうが「早く治ってくれ」と切に願うものですよね。

 

インフルエンザ薬

従来のインフルエンザ治療方法と言えば、シーズンあるいはシーズン前に予防接種を行う、罹ってしまった場合は薬を飲むといったところが一般的

従来からの治療方法と言えば、シーズンあるいはシーズン前に予防接種を行う、罹ってしまった場合は薬を飲むといったところが一般的ですが、インフルエンザの薬というのは非常に作用の強いものが多いのか、特にお子様などが服用した場合に異常行動を起こしてしまう、などの事故や報告がなされたりして、ちょっと恐ろしいですね。

実際、筆者の子供も幼少期、インフルエンザ薬を服用して意識が混濁しているような状況になった事がありました。又、従来の薬は発症後48時間以内に服用しないと効果が期待できず、5日間連続で服用しなければならないと、やはりある程度の長期戦を前提としたものでした。

 

1日で治る

日本国内の製薬メーカーが発表した新しいインフルエンザ治療薬は…

ところが今回日本国内の製薬メーカーが発表した新しいインフルエンザ治療薬は、従来のインフルエンザ治療薬とは根本的に治療のメカニズムが異なるようでして、従来一週間かかっていたインフルエンザの治療を、1日で治療できるという画期的なものです。
もちろん、世界初の治療薬で、腰の重い厚生労働省の動きも早く、2018年度には発売が予定されているとのことです!

 

筆者の思う事

インフルエンザ治療薬の登場で、もはや普通の風邪程度の休み方しかできなくなってしまうかも…
こういう話を聞いていると交通手段の発達に伴い、従来は通勤圏でなかったエリアが通勤になり、リニアモーターカーの運航によって、名古屋も首都圏からの通勤圏になるのでは、などと言われていることを筆者などは思いだしてしまいます。

 

え? 何がいいたいのかよくわからないですって?

つまりですね、こういった優れたインフルエンザ治療薬の登場によって、一週間も大手を振って休むことができたのに、もはや普通の風邪程度の休み方しかできなくなってしまいますよ、という事です(笑)

筆者などは新幹線の移動時くらいゆっくりしたいし、インフルエンザは確かにしんどいですが、適切に治療をすれば治る病気なわけですから、一週間のんびりできるというのは、ある意味とても有りがたいことでもあるわけです。

こんな事を書いてしまうと、こちらをご覧になっていらっしゃる医療関係の方々は、不愉快な思いをさせてしまうかもしれませんが……、どうも、すいません。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ