記事制作方針ガイドライン

熱中症にならないために普段から筋トレをしろ!

  • 2017/06/10
  • ヘルスケア
  • 55view
  • 加藤薩樹
タグ
  • 健康促進
  • サプリメント
  • 健康
  • 生活
  • 病気
  • 筋トレ

本人は気づかずに悪化?熱中症は不意に襲ってくる!

夏も本番になると必ずニュースとなるのが「熱中症」です。
夏も本番になると必ずニュースとなるのが「熱中症」です。なんだかんだで日本の夏は湿度も高く、状況によっては風通しが悪い場所で長時間作業をしなければならないケースも多いため、熱中症によって重篤な症状を発症してしまう人も多いのです。

熱中症は気温の上昇に対し、体温調節機能が追いつかず体調不良となってしまう症状の総称です。酷いものは熱射病や日射病とも呼ばれます。

意識が混濁し吐き気がしたりしてまともに行動できなくなるばかりか、そのまま意識を失ってしまい特に高齢者の場合は死に至ることも珍しくありません。

ある程度の年配者になると、気温が上昇している事に鈍感になってしまい、不快感を覚える前に意識が飛んでしまうケースもあるのです。こうなると、本人としては為す術無く倒れてしまう事になります。

 

基本は水分と塩分の補給

水分や塩分が体内で枯渇してしまうと熱中症リスクが急上昇してしまいます。
体温調節のための最も重要な機能は「発汗」ですから、水分や塩分が体内で枯渇してしまうと熱中症リスクが急上昇してしまいます。

そのために、喉が渇いたという実感がなくとも水を飲むようにしましょう。夏場の場合は最低でも1日3リットルは摂取して頂きたいところです。

また、塩分の含まれた飴を舐めるのも効果的です。難なら塩昆布でも構いません。

 

マルチビタミン・ミネラルも使えば更に万全

栄養素だけをピンポイントで摂ることのできるサプリメントは夏場こそ最大限に利用価値があるのです。
水と塩分に加え、ビタミンやミネラルがたっぷり配合されたサプリメントを規定量の1.5倍程の量摂るのも良いアイディアです。

夏場は何もしていなくても栄養素の消費が激しくなります。食事を増やすのも良いのですがそれでは消化不良になったり体脂肪が増えて更に汗っかきになる恐れもありますからね。栄養素だけをピンポイントで摂ることのできるサプリメントは夏場こそ最大限に利用価値があるのです。

 

肉体改造で根本的な強い体を手に入れろ!

強い肉体を持つことが、即ち熱中症を含む全ての病への最高の防衛手段となるのです。
さあ、最後にいよいよ本題です。水分補給や栄養補給はもちろん大切で、確実に実行して頂きたいのですが、それ以上に大切なのはやっぱり筋トレです。強い肉体を持つことが、即ち熱中症を含む全ての病への最高の防衛手段となるのです。

筋トレを日常的に行うことによって体内の代謝が高まり悪い物質はどんどん体の外へと排出されます。そして筋トレの前後には「しっかりと栄養補給しなければならない」という暗黙の了解がありますから、結果的に水分やビタミン・ミネラルが十分量供給されるのです。

筋肉が多く体脂肪が少ない体というのは「夏にも冬にも強い体」なのです。筋肉は熱を発しますから冬は快適です。一方、筋肉だけだど発生した熱を溜め込むことはできません。体脂肪がなければ夏でもかなり快適なのです。特に代謝が良いので発汗も多く、体温調節機能が失われにくいという特徴もあります。

唯一気をつけなくてはならないのは、筋トレ中に熱中症になってしまう事です。トレーニーにとって唯一の弱点が筋トレの真っ最中なのです。

筋トレ中は、しっかりとイントラ用ドリンクを飲みましょう。内容はBCAAに糖質を混ぜた物がポピュラーですが、夏の熱中症対策として水ではなくスポーツドリンクにこれらの粉を混ぜる事をオススメしたいと思います。

 

この記事につけられたタグ

  • 健康促進
  • サプリメント
  • 健康
  • 生活
  • 病気
  • 筋トレ

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
記事制作方針ガイドライン
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールドブーストパック

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ