カレーを食べて幸せホルモン「セロトニン」をいっぱい出そう!

  • 2016/01/05
  • ヘルスケア
  • 289view
  • YAZIUP運営
タグ

カレーでセロトニン??

女性はもちろん、男性には特に好きな方が多いと思われる食べ物といえば「カレー」ではないでしょうか?
実はカレーには驚くべき効果が隠されているのです。
それは、「セロトニン」をたくさん分泌してくれるということです。
このセロトニン、別名「幸せホルモン」と呼ばれており、生きていく上で非常に重要な物質なのです。

 

 

幸せホルモンのセロトニンとは?

251031811
セロトニンとは人間の精神に影響を与える神経伝達物質の一つです。
他にも三大神経伝達物質とも言われており、セロトニンの他に「ドーパミン」と「ノルアドレナリン」があります。
セロトニンが分泌されることで、精神が安定して心のバランスを整えることができます。
逆にセロトニンが不足すると、心のバランスが崩れて精神が不安定になり、怒りやすくなったり鬱になったりすることもあります。
つまり、毎日を幸せに生きたいならセロトニンは欠かせない物質になるわけです。

 

 

なぜカレーを食べるとセロトニンが出るのか?

197567531
このセロトニンをたくさん出してくれる食べ物が「カレー」です。
そもそもセロトニンのほとんどは「脳」ではなく「腸」から出ていると言われています。
腸の状態が良いとセロトニンの分泌も多くなり、逆に腸の状態が悪いとセロトニンの分泌が少なくなります。
そして腸は温かい食べ物や飲み物を取るとセロトニンを出そうとすると言われています。
つまり、様々なスパイスを含み、タンパク質、炭水化物、脂質とバランスがいいカレーを食べることで腸が温められるので、その結果セロトニンがたくさん分泌されるようになります。
できるだけたくさんのスパイスが使われた本格的なカレーがオススメです。

 

 

カレーを食べて幸せになろう!

257212777
人の幸せを左右するほどの力がある腸。
そしてその腸からセロトニンを出しやすくしてくれるカレーは、生きていく上で非常に重要な食べ物と言えるのではないでしょうか?
あなたの周りにいる「いつも幸せそうな顔をしている人」は、もしかするとカレー好きなのかもしれませんね。
というわけで、幸せな日々を手に入れるためにも、定期的にカレーを食べていきたいところです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ