記事制作方針ガイドライン

二度寝もメリハリさえあれば絶対身体にいい!

  • 2017/05/09
  • ヘルスケア
  • 34view
  • YAZIUP運営
タグ

二度寝はイメージ的にはマイナスですが

二度寝はイメージ的にはマイナスですが…

遅かれ早かれ人間の身体は次第に早寝早起きを要求するようになるものです。
それが身体にとって良いからです。
若い頃は平気で夜更かしをして仕事に精を出すかデートで精を出すか、どちらも充実したものだったでしょうが中年はそうも行かなくなりつつあります。
そこで早起きに価値観を見出すのは極めて健全な習慣ですが、ここで問題となるのが二度寝なのです。
早起きはしたものの目だけが覚めたまま起き上がらずにしばらくしてそのまま寝込んでしまう。
あるいは一度起き上がって顔も洗って新聞も読んで軽く仕事の準備でもしたらそこで一休みとまた寝込んでしまう。
こんな二度寝の症状に襲われたことは誰しもあるでしょう。
二度寝だって身体が要求しているのだから身体に良いに違いないと思っている人はあまりいないでしょう。
なぜなら二度寝の後に感じる寝不足感が半端ない時があるからです。
こんな事なら早起きなんかしないで延々と寝込んでいればすっきり目覚めて一日を快適にスタートダッシュ出来たのにと思う事もあるでしょう。
でもそうでも無く爽やかに起き上れる二度寝もあります。
どこがどう違ってどういう二度寝なら問題ないのか、その辺をはっきりさせて正しい二度寝に繋げたいものです。

 

おすすめ出来る二度寝とは

おすすめの二度寝方法とは

寒い日にはなかなか起きれないものです。
それでも確かに起きたけどどうしても寝たいと言う時は寝てしまうのが身体の声に従うことになります。
二度寝した後、不快な気分に陥ったこともあるでしょうが、このような場合は二度寝の後は爽快だったりするのです。

・考え事をするには最適
二度寝のつもりはなくても布団の中で考え事をするのにも良いひとときではあります。
昨日の反省、過去の振り返りなどをじっくりするのも良いですが、朝は総じて良いアイデアが浮かぶ時間帯です。
一年の計は元旦にありますが、一日の計も早朝にあるのです。
昇る朝日と伴に前向きな発想も昇ってくるかのように感じられるでしょう。

・ストレスに強くなる
早朝はストレス耐性ホルモンが分泌されているからとも言われています。
今日一日のストレスも歓迎する気分になってしまえば、出勤の足取りも軽くなったりもします。

 

二度寝がいけないと思う瞬間

二度寝がいけないと思う瞬間

・せっかくの早起きが台無しになった
いつもより早く寝てせっかく早起きしたのに起きたのは一瞬で結局いつもと同じ時間に起き上がったのでは眠り過ぎとなります。
これでは時間を無駄遣いしてしまったと後悔するばかりとなります。
頭も良く寝たはずなのにぼんやりしがちになって全くいいところ無しなのです。

・身体が重だるくなった
いつもの睡眠パターンも崩れてしまえばそれは体調にも良くありません。
もしかしたらその翌日の睡眠時間にも影響してしまうと悪循環に陥って抜け切れない習慣となってもしまいかねないのです。
これは体内時計が乱れっ放しで止められなくなっているのです。
そうするといつもは感じないストレスまでもがストレスになってしまって最悪です。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

          ロットンダで

          人気カテゴリランキング

          ページTOPへ
          ページTOPへ