YAZIUP CLUB会員募集中

自殺者の7割が男性!その原因は男脳の構造にあった?

  • 2017/05/03
  • ヘルスケア
  • 56view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 健康促進
  • ストレス
  • 心理
  • 男性
  • 病気
  • 筋トレ
  • 身体

7割が男性という事実

平成27年度中の自殺者の実に69.4%が男性

内閣府自殺対策推進室が発表した記録によれば、平成27年度中の自殺者の実に69.4%が男性なのだそうです。男性は幼いころから「ぐちゃぐちゃ言うな」だとか「男は弱音を吐くな」などと育てられていますので、そういった意味でギリギリまで我慢をしてしまう結果なのでしょうか。

しかしながら、男性と女性とでこれほど大きな開きがあるというのは、原因は本当にそれだけなのでしょうか?

 

人体的な構造にも原因

人体的な構造にも原因がある

男性の自殺者が女性に比べて圧倒的に多いのは、実は男性と女性の脳の構造に原因があると言われています。女性は感情を司る右脳と言語を司る左脳の連携が非常に早いため、感じたことをすぐに口にする事ができます。仕事の帰りの女性同士の上司への愚痴など、いい例ですね。

反面、男性は右脳と左脳の連携が女性ほどでない為、雑事に惑わされることなく論理的に、冷静にものごとを進める能力に長けているといわれています。従って無意識のうちに感じたストレスを認識しにくい、脳構造でもあるわけです。

 

気が付かない

女性以上に男性はストレスとの付き合い方が重要

いかがでしょうか?ここまでお読みになってお分かりいただけたのではないか、と思いますが、男性は生まれながらにストレスを自分自身で認識しにくい生物だということですね。こう考えていくと自殺者が圧倒的に男性が多いというのも頷ける気がします。

思い切った言い方を敢えてしてしまうのならば、身体構造的に自殺しやすいのが男性というわけですから、女性以上に男性はストレスとの付き合い方が重要であるとうわけです。

 

ルール化する

ONとOFFのタイミングをご自身でルール化しよう

自覚できないストレスをコントロールするのは非常に難しいものですが、ONとOFFのタイミングをご自身でルール化するというのも一つの知恵です。つまり2時間仕事したら10分自主的に休憩をするとか、ストレスを感じる、感じないに関わらず、自分なりに決めて、それを習慣的に行う、というものです。

身体の造り自体は、ご本人ではどうすることもできません。ならば、その対策として、こういったことを真剣に仕事の中に取り入れていって、ストレスと上手に付き合っていくというのがベストの方法であるのではないでしょうか?

この記事につけられたタグ

  • 健康促進
  • ストレス
  • 心理
  • 男性
  • 病気
  • 筋トレ
  • 身体

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ