YAZIUP CLUB会員募集中

眠気と肌荒れに襲われやすい春

  • 2017/04/03
  • ヘルスケア
  • 55view
  • YAZIUP運営
タグ

爽やかとはほど遠い春

小鳥がさえずる爽やかな春、とは程遠い春という季節。

小鳥がさえずり、桜が咲き、気温も穏やかになる春ですが、風景や気候ほど体調がパッとし
ないのも、この時期の特徴です。朝も昼も夜も眠く、寝ているわりには肌荒れが酷かったり、イライラが募ったりしていませんか。

実は春は自律神経が乱れやすい季節であって、肌の調子にいたっては、毎朝・毎晩としっかり手入れをしている女性でさえも手こずる季節なのです。

 

朝の寝過ごしと昼のウトウトに注意

寝過ごし、昼の眠気に注意

春眠暁を覚えずとはいいますが、新年度早々に遅刻するわけにはいきません。前日の晩に早く寝たから大丈夫と油断せず、目覚ましを2個、3個とかけるくらいの気持ちが必要かもしれません。

そして、昼。猛烈な眠気に襲われ、頭の中では早く家に帰ることばかりを考えてしまうかもしれません。でも、実は、このような状態になるのは、サボりたい気持ちからではなく、心と体が長期間の戦闘モードに入ってしまったために、すっかり疲れきり、休息を必要としているからなのです。

年度末から新年度にかけて、仕事の内容が変わる人もいれば、立場が変わる人もいます。また、周りがそのような状態であるために、いつも以上に働かなければいけないという意識が高まっている人もいます。体の中では交感神経が優位になってしまい、うまくリラックスできない状態になっているのです。

 

意外に難しいリラックスモード

リラックス効果を高める方法

交感神経が優位になっていることで眠たいのであれば、副交感神経を優位にすれば眠くならないのかといえば、なかなか難しいところです。なぜなら、副交感神経が優位になれば、眠りに入りやすくなるからです。

どちらにしても結局眠い、という残念な状態が春には起こりやすいのですが、睡眠の質をみれば、昼間のウトウトと夜のぐっすりとでは全く異なりますよね。夜にぐっすり眠ることができれば、昼間のウトウトも改善されていきます。

問題は副交感神経を優位にする方法です。これは、個人差が激しく、例えば、音楽を聴くとか読書をする、アロマを焚くといっても、これらが好きでない人が実践しても、まったく意味がないのです。それでも、リラックス効果を高め、自律神経を整える方法として、腹式呼吸があるので帰宅後や寝る前に試してみてください。やり方がよく分からない人はヨガの呼吸法の中で学ぶとわかりやすいので、動画を探してみると良いでしょう。

 

肌荒れの対処法

肌荒れ解消におすすめの食品類

睡眠時間が確保でき、心身が整えば肌荒れもかなり解消されますが、さらに納豆、卵、レバー、玄米などに含まれているビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチン)を摂るようにすれば、肌の新陳代謝が高まり、より早く肌トラブルから抜け出すことができます。

ビタミンB群はサプリメントでも摂ることができますが、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、葉酸は多く取り過ぎても体に悪いので、十分に注意してくださいね。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

        ロットンダで

        人気カテゴリランキング

        ページTOPへ
        ページTOPへ