パっとしないあくびをストップさせるために

  • 2016/11/17
  • ヘルスケア
  • 13view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 健康促進
  • マッサージ
  • 生活の知恵
  • 生活習慣
  • 睡眠
  • 糖尿病

あくびは不意にやって来る

175052972

あくびをしているところを見てしまうと、その人は年齢性別を問わずパッとしない人物にしか見えません。
女性が自分の前でそんな事をされたら、もう無理しなくていいから家に帰って寝て欲しくなります。
それまで培われたカッコ良さが一気に崩壊する瞬間でもあります。
でも、それはいくら気を付けていても不意に訪れる瞬間でもあります。
寝不足であればもちろん出安くなりますので、十分睡眠を取っていても出る時は出てしまいます。
それは誰しも何度か経験があるのではないでしょうか。
それではいかにしてこの厄介なあくびと断絶できるのか、その方法についてリサーチしたものです。

 

 

あくびの原因には知られざるものもある

442409023

あくびは脳が酸素不足になったと感じた時に、大きく息を吸い込ませるために起きる反応です。
それは睡眠不足による脳の働きの低下を奮起させる場合もありますし、脳がつまらないと感じている時に機能の低下した脳を働かせる場合もあります。
その他に大きく口を開けてしまった事で、集中力不足を意識させる事にもなっています。
また、脳は活発に働くと温度も上がりやすいのでそれをあくびによって空冷していると言う説もあります。
あるいは脳を働かせ過ぎのアラーム機能になっているとも言われています。
それだけではありません。
単なる寝不足や退屈さのようであって、実は慢性病がその遠因になっている事もあります。
睡眠障害はもちろん糖尿病なども関係があるようです。
それが原因で睡眠が深く取れていない、疲労が抜け切れない、目の前の事に関心が湧かないと言う流れもあるのです。
さらには周囲の人が誰かあくびをしたら、それに釣られて感染する事さえもあるのです。

 

 

あくびを止めるには

430146376

単発のあくびならまだしも、いったんあくびが出ると、とめどなく出る場合もあります。
これを必死にこらえようとしている人は、とても見るに耐えないものです。
これだけは何としてでも止めなければいけないでしょう。
比較的即効性のある方法を示しておきます。

 

・大きな声を出す
ちょっと席を外してそこそこに大きな声を出します。
その前には大きく息を吸いこむでしょう。
そして声が頭に響いて脳も活性化するのです。
出そうなあくびを一気に出してしまう感覚です。
我慢しないと言う基本どおりの行動です。

 

・鼻で深呼吸をする
なかなかその場を離れられない場合もあります。
そんな時は次のあくびに襲われる前に、先回りして大きく鼻で息を吸い込んでしまうのです。
思い切り吸いこんだら息を止めて酸素が脳に行き渡るのを確認するように意識しましょう。
これを数回してみれば、かなり頭がすっきりします。

 

・ツボをマッサージをする
耳の後ろのうなじ付近あるいは手のひらの肉厚な部分を揉んだりつねったりするのも効果があります。
この程度のマッサージならどこでも自然に出来ます。
直接的ではありませんが、揉んだりつねったりで脳に刺激が与えられると伴に血行促進にもなっています。

この記事につけられたタグ

  • 健康促進
  • マッサージ
  • 生活の知恵
  • 生活習慣
  • 睡眠
  • 糖尿病

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ