栄養面やカロリーからキノコを選ぶ方法

  • 2016/10/26
  • ヘルスケア
  • 17view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 健康促進
  • キノコ
  • 健康
  • 健康管理
  • 健康食品
  • 栄養価
  • 病気
  • 豆知識
  • 雑学
  • 食べ物
  • 食事

食卓に並べやすいキノコ

267579800

キノコ狩りを楽しむほどのキノコ好きの方は少数派かと思いますが、それでもキノコといえば秋を連想しますよね。実際に、秋はキノコが美味しい季節ですし、秋の体調管理にお勧めの栄養素がたっぷり含まれています。

キノコの定番といえば「シイタケ」「マイタケ」「シメジ」「エリンギ」かと思いますが、鍋料理には「エノキダケ」も使いますよね。また、今の時期であればちょっと贅沢をして「マツタケ」もお勧めです。よく買い物に行かれる方はご存知かと思いますが、値段の安さで選ぶのであればマイタケやシメジが候補となるかと思います。また、キノコの中で一番ポピュラーなシイタケは、マイタケ、シメジの3倍くらいの値段になっていますし、もしそれが乾燥シイタケであればさらに価格が跳ね上がります。

今年は夏の天候不良で、野菜の価格が高騰していますが、キノコは安定しています。男性は野菜を食べる量が不足しがちなので、キノコという選択肢も良いかと思います。

 

シイタケは生より乾燥

252288955

日常的にシイタケを使って出汁を取る人は多くはないと思いますが、それでもシイタケの使い方としてお勧めなのが、乾燥シイタケを水で戻して料理に使うことです。戻すために使った水には免疫力を高め、脳の働きを良くするグルタミン酸が含まれていますし、シイタケにはビタミンDも多く含まれています。また、カルシウムを含む食材と一緒に食べれば老化防止にも役に立ちます。

ちなみに、乾燥シイタケより生シイタケの方が下準備が不要な分、手軽に使うことができますが、生シイタケの栄養はキノコ類の中では中程度なので、乾燥したものを選ぶと良いでしょう。

 

高血圧といえばエリンギ

224623123

バーベキューの際にも使いやすいエリンギには、塩分を摂り過ぎの人に嬉しいカリウムが豊富に含まれています。また、キノコ類全般に食物繊維が含まれていますが、その中でもエリンギがマツタケに次ぐ量であり腸の調子を整えるのにお勧めです。

ちなみに、一般的にエリンギはキノコ類の中でも無臭に近いので調理しやすいといわれていますが、実は、パック詰めのまま放置してしまうと、エタノール臭が出やすくなり、あまりの臭いに食べることができなくなってしまいます。エリンギの保存は、パックから出して冷蔵庫に入れるのがお勧めです。

 

オルニチンならシメジ

421062628

二日酔いに効果があるといわれているオルニチンですが、シメジにはシジミ以上のオルニチンが含まれており、シジミよりシメジの方が量を食べやすいのでお勧めです。オルニチンといえば二日酔い対策ばかりに注目が集まっていますが、肌に張りをもたらすので、シワが気になる人も積極的に食べると良いでしょう。

シメジはキノコ類の中でもカロリーが低いのが特徴です。肉を炒めるときにシメジも一緒に料理をすれば、カロリーコントロールしながらも満腹感を得ることができます。

 

風邪予防にはマイタケ

178436750

私たちがなぜマイタケを食べるのかといえば、体がマイタケに含まれるβグルカンを欲しているからかもしれません。βグルカンには免疫を活性化する作用があり、風邪だけではなく、免疫力が低下する際に気を付けたいあらゆる疾病を遠ざけてくれます。

マイタケを食べるときのコツは、マイタケから出る水分(栄養分)を捨てないこと。マイタケを煮ると水が茶色くなりますが、この茶色が栄養だと思って飲み切ってください。

この記事につけられたタグ

  • 健康促進
  • キノコ
  • 健康
  • 健康管理
  • 健康食品
  • 栄養価
  • 病気
  • 豆知識
  • 雑学
  • 食べ物
  • 食事

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ