男たちよ、泣け! 泣いて、ストレスを吹き飛ばせ

  • 2016/10/25
  • ヘルスケア
  • 58view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 健康促進
  • ストレス
  • メンタル
  • リラクゼーション
  • 人生
  • 仕事
  • 健康
  • 幸福

「涙」は、ストレスを「洗い流す」

子どもの頃、ケンカに負けて大泣き。そのあと、なぜか嘘のように気分がスッキリした、という経験のある人は多いでしょう。いや、子どもの頃に限らず、大人になってから仕事で大失敗。トイレに逃げ込んで泣いたら、思い切り気分転換できたなんて経験のある人だっているかもしれません。

こんなふうに、泣くという行為には、気分を一新させる効果があります。医学的には、これは身体的ストレスや心理的ストレスを脳が感じ取り、これらストレスを払拭するために自分自身に泣く命令を発するのだと説明されます。つまりは、「涙」には、ストレスを「洗い流す」力があるんですね。
ということは、涙は、有効なストレス解消剤になるということです。

242433394

 

泣くと副交感神経がはたらき、ストレスを追いやる

身体の機能は自律神経によってコントロールされますが、日中の活動時にはその1つ、交感神経が活発にはたらきます。交感神経は、脈拍を早め、体温を上げて、体の動きを活発にします。しかし、同時に、ストレスも呼び寄せます。
これに対し、夜リラックスしているときや睡眠中は、もう1つの交感神経、副交感神経がはたらきます。副交感神経は、脈拍をスローにし、体温を下げます。ストレスも排除します。
泣くという行為ではたらくのも、この副交感神経です。だから、ストレス撃退に役立つのです。

 

涙には、3つの役割あり

涙には、3つの役割があります。
1つは「基礎分泌」。流れ出るほどの量にはなりませんが、目に自然と分泌され、目の表面を守ります。2つめは「反射」。
目に埃などの異物が飛び込むとすぐに反応して分泌。異物を洗い流します。そして3つめが「情動」。ドラマやスポーツを見て感動し、流れ出るのがこれです。うれし涙というのも、これです。
ストレスを洗い流すのも、この情動による涙です。

162882353

 

大人にしかできない「情動の涙」でストレス撃退を

情動による涙は、子どもにはありません。情動には多くの人生経験が必要で、これをつかさどる「共感脳」の発達もまた人生経験の深まりによるからです。
ということは、そう、楽しいことも嫌なこともたくさん経験してきた40代こそ、実は情動による涙が最も分泌されやすい年齢なのです。
40代は、ストレスを最もためやすい年齢でもあります。だから、休日は、涙なしには見られない映画やドラマを堪能。ストレス撃退につなげようじゃありませんか。

319249010

この記事につけられたタグ

  • 健康促進
  • ストレス
  • メンタル
  • リラクゼーション
  • 人生
  • 仕事
  • 健康
  • 幸福

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ