記事制作方針ガイドライン

薄明りでこそ熟睡に陥られる

  • 2016/07/14
  • ヘルスケア
  • 104view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 健康促進
  • 寝具
  • 生活
  • 生活習慣
  • 疲労回復
  • 睡眠
  • 豆知識

睡眠こそが疲労回復の鍵

184579721

中年男性にとって疲労回復の問題は、年々大きくのしかかって来ます。
最大の疲労回復法が睡眠なのですが、それもなるべく短くしたいものです。
いかにすれば深い睡眠が取れるのか、あらゆる方法が注目されています。
その中で睡眠に至る際の部屋の明るさに、意外な盲点もあったのです。
真っ暗にすれば睡眠の導入は早いような気はするものです。
でもそれで良く眠れているはず、というのはただの思い込みだったのです。

 

 

自然の睡眠環境は真っ暗ではない

134583740

地球上の動物の睡眠は、その多くは夜に行われます。
夜の世界に光はほとんどありません。
人も寝る時は、部屋を暗くして眠るものです。
しかし、自然界の夜は暗くはあっても、真っ暗ではありません。
月の明かりの元で何万年も寝てきた事を、DNAは覚えているのです。
むしろ暗闇を避けるために焚火をしながら、明かりを絶やさないようにもしていたのです。

 

 

睡眠するための自然な明るさ

277238708

現代人はしっかり睡眠するために、一切の灯りを消してしまいます。
これは、睡眠環境の長い歴史とは異なっているのです。
ですから、DNAはそこに不安を感じているのです。
休息するべき脳に無駄な緊張状態を起こす環境になっているのです。
なるべく月の明かりか焚火程度の薄明りをかざしておくと、自然な睡眠ができるのです。

 

 

自然な明かりの取り入れ方

384316999

カーテンを開けて月明かりを導入するのも良いでしょう。
市街地では、街の照明も適当に入ってくれるかもしれません。
目を刺激しないような小さな室内灯も効果的です。
天井の照明を豆電球にするのは簡単ですが、目に直接的な明かりになってしまいます。
できればキャンドルライトのようなものにすれば、柔らかで暖かい焚火を思い出させるでしょう。
きっと、太古の昔の安心した睡眠が蘇る事でしょう。
ただし、これだけで急激な疲労回復には繋がるものではありません。
ですが睡眠は、わずかな効果でも毎日の事です。
重要な睡眠の質を高める事は、その持続性により長期的に大きな差が出てくるようになるのです。

この記事につけられたタグ

  • 健康促進
  • 寝具
  • 生活
  • 生活習慣
  • 疲労回復
  • 睡眠
  • 豆知識

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールドブーストパック

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ