この頃、流行の若年性アルツハイマー型認知症

  • 2016/07/02
  • ヘルスケア
  • 104view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 健康促進
  • ヘルスケア
  • 健康
  • 健康管理
  • 原因
  • 時代
  • 暮らし
  • 治療
  • 病気
  • 病院
  • 社会

疲れか、気合いが足らないのか、アルツハイマーか

228693202

この頃、仕事でミスが多い、物忘れがひどいと言う事はありませんか?
ただの過労によるものかもしれません。
でも、昨今の老人の認知症ぶりには目を覆いたくもなります。
そんな老人への予備的症状だとしたら、ぞっとするでしょう。
若年性アルツハイマー型認知症と言う病名も一般化しつつあります。
原因はストレスや現代の食生活の習慣によるともされていますので、誰にでもその可能性はあるのです。
気になったら、その都度チェックしてみましょう。
思い付いたら、わざわざ病院には行かず誰にも相談する事も無く自己診断ができるのです。

 

まさか自分が、と思わない事

305175476

若年性アルツハイマー型認知症などはまだ、周囲の人に気軽に相談できる病気ではありません。
若いと疲れのせいにして、放置しておきがちでもあります。
でも、悪化すると生活が立ち行かなくなる恐れもあります。
何でも早期発見すれば、治療の見込みも立つのは、この病気も例外ではないのです。

 

気になったら自己診断をしてみよう

140613973

以下のようなチェック項目にどれだけどの程度、思い当たる節があるのかによって病気が疑われます。

・「あれ」とか「彼」とか「例のやつ」とか、やたらと発するようになった。
・何をするためにそこにいるのか分からなくなる事がある。
・つまらない事で怒りやすくなった。
・やりかけの仕事を投げ出してしまい、継続する気がなくなる事がある。
・何度も同じ話をする。
・パソコンなどのOA機器に近寄らなくなった。
・ニュースや新聞は関心事以外は見なくなった。
・買い物でお釣りの計算が煩わしくなった。
・あれほど好きだった趣味に興味が湧かなくなった。

誰でも少なからずいくつか少しは身に覚えもあるでしょう。
要はその程度の問題なのです。
はっきりした基準はありませんが、「これはいけない」と判断したら、病院の専門医に直行です。
精密検査を受けて異常が無ければ、それはそれで安心して疲労回復に専念できるのです。

この記事につけられたタグ

  • 健康促進
  • ヘルスケア
  • 健康
  • 健康管理
  • 原因
  • 時代
  • 暮らし
  • 治療
  • 病気
  • 病院
  • 社会

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ