スマホが危ない、「スマホ首」が体の不調を招く、老化を早める

  • 2016/06/29
  • ヘルスケア
  • 98view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 健康促進
  • Android
  • iPhone
  • SNS
  • スマホ
  • 健康
  • 対策
  • 病気
  • 老化

前傾姿勢でうつむきかげんの姿勢は危ない

電車に乗って周りを見ると、ちょっと気になることがありますね。座席に座った乗客も立っている乗客もみ〜んなスマホを見ている。それはいいとしても、中にたいてい前傾姿勢でうつむきかげん、首が前に出た格好の人がいます。

これ、ひょっとすると体の不調、場合によっては大病を招く原因になるかもしれません。

171866153
testing / Shutterstock.com

「スマホ首」が体のいろいろな故障を招く

医学の世界では、「スマホ首」という言葉が定着してきています。スマホを見るときについつい首が前に出る姿勢になった結果、筋肉が前に引っ張られ、異常が起きた状態になっている首をいいます。これが長時間続くと、頭痛、肩こり、眼精疲労、ドライアイ、二重あご、腰痛といった症状を呼び込みます。
そもそも、インターネット機能やゲームが豊富に楽しめるスマホは、以前のガラケーに比べて長時間使用になりやすいツールです。このことが、結果的には万病を招くということでしょうか。

183313541

 

頭と胴体をつなぐ首はもともと弱いもの

首は、頭と胴体をつなぐジョイントです。頭には大脳や小脳があり、体全体へのコントロールをつかさどっています。一方、胴体には肺などの呼吸器、心臓などの循環器、胃腸などの消化器があり、生命の維持を担っています。
首を切って頭と胴体を切り離すと、人は死にいたります。その点でいうと首はもともと弱いものであり、大切に扱う必要があります。スマホ首になると、その首に平常の3倍もの負荷がかかり、首の動きを支えている筋肉を圧迫します。これが身体の不調、障害の原因になるのです。
病気だけでなく、見た目にも変化が出ます。長時間うつむきの姿勢が続くと、顔の水分が顎の方に下がり、顔の輪郭線がたるみます。結果、老けて見えるようになります。首の前側に皺ができやすくもなりますから、老けた感じはどんどんひどくなっていきます。

 

簡単なストレッチや寝具の工夫など、対策いろいろ

それでは、どうするか。いろいろな対処法がすでにアナウンスされていますが、一番手っ取り早いのは、ストレッチです。前傾姿勢になりやすいのは、スマホだけでなく、PCも同じ。首を回したり、腕を回したりといったストレッチをこまめに行うことが、効果的な予防策になります。スマホ首の改善に特化したストレッチを開発し、普及につとめている医療機関もあります。
それでも、頭痛や肩こりといった症状が出る場合があるでしょう。40歳を過ぎると、長年の首への負担が蓄積されていますから、よけいにそうなりがちです。
この場合は、寝具、特に枕を見直すといいかもしれません。高い枕を好む人ほどスマホ首になりやすいというデータがあります。枕を少し低くするだけで劇的な改善が望める可能性もあります。

いうまでもなくスマホとはスマートフォーンの略ですが、使う人間もまたスマートにならなくてはいけないようですよ。

422296042

この記事につけられたタグ

  • 健康促進
  • Android
  • iPhone
  • SNS
  • スマホ
  • 健康
  • 対策
  • 病気
  • 老化

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ