基礎代謝力、それは怖ろしきメタボの抑止力

  • 2016/06/23
  • ヘルスケア
  • 107view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 健康促進
  • ダイエット
  • メタボ
  • 代謝
  • 体脂肪
  • 生活習慣
  • 病気
  • 運動
  • 食事

最近、忘れられつつあるメタボリックシンドローム

180134717

メタボリックシンドロームは、新しい生活習慣病の症状として一時、クローズアップされたものです。
一応の判定基準があって、それはいくつかの数字の組み合わせによっているものです。
でもこれに該当しないからと言って、安心はできません。
要はお腹の出ている人、高血圧、高血糖、脂質代謝異常に心当たりがある人は要警戒すべきなのです。
一度、基準に引っかかると戻すのも大変です。
楽するには、アバウトに予防しておく事です。
ここにハードな運動などせずとも、基礎代謝力を活かした楽に抑制できる方法があります。

 

 

基礎代謝力とは

246442453

生きているだけで必然的に消費されるエネルギー量が多ければ、基礎代謝力が高い事になります。
これが高いと、食べて運動しなくてもカロリーが溜まりにくい体になる訳です。
油断して大食いすると翌日すぐに体重に表れるタイプには、羨ましくもなります。
年と伴に下がりますので、年と伴にメタボになりやすくなるのです。

 

 

内臓に活力を

175875185

内臓は、カロリー消費量が高い部位です。
特に肝臓は、人体の工場と言われるだけあって働き者なのです。
これらが活発に動いていれば、カロリーをどんどん消費してくれるのです。
以下のような食事と運動の習慣さえを身に着けておくだけで、メタボとは縁遠くなるはずです。

 

・食事

野菜類及びタンパク質を中心に朝昼晩しっかり食事を摂る事です。
肝臓を弱らせるほどのお酒は慎みます。
甘い物はなるべく運動後にタンパク質と伴に摂るようにしましょう。
タンパク質の吸収を助けてくれて、臓器や筋肉の素にさせてくれます。
胃腸に余計な刺激を与えない事も大切です。
食べ過ぎ飲み過ぎ、冷たい物も控えましょう。
テレビを見たり話をしながらゆっくり噛んで食べるのもおすすめです。

 

・運動

そしてあらゆる健康に通じる定番になっていますが、ストレッチ等の軽い運動です。
これにより内臓にも酸素や栄養分がしっかり行き届くようになります。
お腹に手を当てて、温もりを感じる程度で十分です。

この記事につけられたタグ

  • 健康促進
  • ダイエット
  • メタボ
  • 代謝
  • 体脂肪
  • 生活習慣
  • 病気
  • 運動
  • 食事

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ